「社労士こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「社労士こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

資格試験の合格発表日 ・・・ 結果は?

 今日、昨年11月に受験した資格試験の合格発表がありました。

 1点差で不合格でした。

 いつもながらの詰めの甘さがもろに出たようです。

 社労士試験の時も、1点差だったことが2回もあったのに、懲りない私です。

f:id:koro111koyampi:20180112214142j:plain

 今回の試験を受けた理由は・・・

 特定社労士には、労働法に関する知識が不可欠です。そして、その基礎になるのが民法。ところが、社会保険労務士の資格試験には民法がありません。

 特定社労士となるための試験も、労働事件に係る判例解釈が中心。民法や労働法の基礎は「すでにある」という前提です。したがって、これらの法律の基礎固めをするためには、自ら学ぶことが必要です。

 

 こつこつじっくりタイプの人間であれば、継続的、計画的に学ぶことができると思いますが、私は真逆の性格で、興味があっちにふらふら、こっちにぶらぶらとぶれまくり(鳥、昆虫、植物、天文気象とか・・・)なかなか集中できません。

 短いスパンの目標、一里塚のようなものがないと、

「勉強をしないとね。」

「そうだねぇ、そのうちにね。」

「やっぱり何もしなかったねぇ。」

ということになってしまいます。

 

 そこで、民法が試験科目に含まれる資格試験を受けることにして、一昨年から三つの試験にチャレンジ。結果は、二勝一敗。

 チャレンジして発見したことがあります。それは、単に民法の勉強になった(「不合格なんでしょ? それで勉強になったの?」とのご指摘であれば、まさにその通りなのですが・・・)というばかりではなく、ほんの一部かもしれませんが、自分があまり知らなかった業種について、その一端を垣間見ることができたこと。

 

 3月には、仕事仲間と共に、一般の方々向けの相談会を開くことになっています。その勉強もしっかりしなければなりません。今回の失敗を肝に銘じ、きっちりと準備をしていきたいと考えています。

 

 こやんぴ、不合格の影響か、本日は、かなり神妙であります。

 今回落ちた試験には、今年再チャレンジする予定です。今度こそ、詰めを謝らないようにして。

f:id:koro111koyampi:20180112214236j:plain