「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

秋晴れなのに通院日 昔の「整列乗車」も思い出しちゃった

 今年初めての秋らしい朝。

 気温もぐっと下がって、車には朝露が。

 清々しい一日になりそう。

 

 ああ、それなのに、それなのに、今日は通院日。

 

 朝6時に家を出ました。

 もう少し前の朝焼けが綺麗でした。シャッターチャンスを逃しました。

 

 珍しく、列車到着時刻よりも早く駅に着いたのに、列車が10分ほど遅れました。

 とは言うものの、私には未来予知の能力が無いので、遅れるのを見越してゆっくり家を出ることなどできませんから、仕方がないですね。

 

f:id:koro111koyampi:20190919210032j:plain

 

 病院から見た青空。

 公園でも散歩したいところですが、これから3時頃までずっと病院の中。


f:id:koro111koyampi:20190919210003j:plain

 

 病院からの帰りがけに、池袋の東武デパートに入っているシェ松尾で、遅い、遅いお昼。とっても美味しくいただきました。お客さんの大半は女性でした。

 

f:id:koro111koyampi:20190919210009j:plain

f:id:koro111koyampi:20190919210013j:plain

 

 池袋から乗った東上線は、「川越特急」仕様。かなり派手。

 昔の東上線は、地味だったなぁ、と遠い昔目線。

 

 それから・・・今は、JR埼京線のホームとなっていますが、私が学生の頃は、東上線の隣のホームは国鉄赤羽線のホームでした。赤羽線の始発列車を待つ乗客と、東上線の始発列車を待つ乗客が向かい合うスタイルだったのです。

 その頃、赤羽線はすでに整列乗車ルールが確立されていて、スムーズに乗客の乗降が行われていました。これに対し、東上線の方は、まだ「我先乗降」。人を押し退け掻き分けバタバタと乗り降りする東上線の乗客を、向かい側の赤羽線の乗客が笑って見ていましたっけ。

 私は、ずっと通勤通学列車には座らない主義でしたので、この光景がとても恥ずかしかったことを覚えています。なにせ、私の出た高校は男子校だったのですが「良い子」が多かったので、お昼のパン売り場にも、赤羽線の乗客たちのようにきちんと整列していましたので。

 

 余計なことまで思い出してしまいました。

 中学校のときは、パン売り場に生徒が殺到。パンを買うのにとんでもない労力が必要でした。当時の東上線状態。

 近所の女子高の学校新聞を見たら、その高校のパン売り場も当時の東上線状態だったとか。女子だけによるパン争奪戦だったんだぁ。

 なんと、その学校新聞には、私の通っていた高校を見習って整列してパンを買おう、と書いてありました。

 

f:id:koro111koyampi:20190919210047j:plain

二度上峠から浅間山を望む

 9月11日から12日まで、群馬県嬬恋村に行ってきましたが、一日目は雨。

 二日目は、11日の雨が嘘のような晴天。

 

 二度上峠からは、浅間山の雄姿を望むことができました。

 この日は、噴煙は上がっていませんでした。

 

 浅間山は、黒斑山から前掛山、そして現在の浅間山へと、西側から東側に火口を移しています。とは言っても、何万年もかけてのことなので、今すぐ軽井沢の別荘地に新しい火山ができるということではありません。

 

 黒斑山の山体崩壊を伴う大爆発は有史以前の出来事ですが、黒斑山に登ると、そのすさまじさを想像することができます。成層火山だった黒斑山の八合目以上が吹き飛んでしまったということなので、大量の噴出物が空高く舞い上がったのは必定。おそらく、地球全体がその影響を何年も受け続けたのではないでしょうか。

 

 江戸時代の天明年間に浅間山が噴火した際は、火砕流により鎌原村が全滅してしまったことは有名です。浅間山から押し出した火砕流の痕跡は今でも浅間山の山体に残されています。

 鬼押し出し園もその遺構です。

 

 最近、浅間山だけではなく、日本国中で火山活動が活発化する傾向がありますが、大きな被害の出ないことを願うのみです。

 

f:id:koro111koyampi:20190918163545j:plain

二日連続の秋晴れ・・・にしては暑い、暑すぎる

16日の午後

 昨日は、午後、晴天になりました。

 上空は秋。清々しそう。でも、地上はまだ夏。暑かったですね、昨日も。

 

f:id:koro111koyampi:20190917215933j:plain

《 坂道ダッシュをしたいところですが、最近、体力が落ちてしまったなぁ。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917215940j:plain

《 いろいろな形の雲が浮かんでいました。見ていて飽きませんね。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220028j:plain

《 南方系の毒キノコ、オオシロカラカサタケ。今朝見たら、誰かに蹴っ飛ばされていました。「なぜ人はキノコを蹴っ飛ばすのか」を研究すれば、ノーベル賞は無理かもしれませんが、イグノーベル賞の受賞対象にはなるかもしれません。謎です。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220057j:plain

《 ツルボは、咲き出しが綺麗です。秋口に数枚の葉を出し、可憐な花を咲かせたと思ったら、あっという間に枯れていくので、いかにも儚げ。でも、春から梅雨前にかけて、たくさんの丈夫な葉を出し栄養を蓄えているタフな植物だということを知る人は少ないかも。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220123j:plain

《 ツマグロヒョウモンツルボと戯れています。ツマグロヒョウモンの幼虫は、我が家のスミレ類を食べ尽くしてしまいます。もしかして、このチョウ、我が家から巣立ったのかも。 》

 

17日の午前中

f:id:koro111koyampi:20190917220158j:plain

《 コンデジしか持参しなかったので、よく分からないと思いますが、ダンスをするフクラスズメ(蛾の幼虫)の食草であるカラムシに花が咲いていました。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220209j:plain

《 今日は街中に用事があって、自転車で出かけました。汗がじんわり。ここは、元鏡山酒造があった場所。今は市の観光施設になっています。屋根の上から少し見える緑が、鏡山酒造のシンボルだったクスノキです。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220218j:plain

f:id:koro111koyampi:20190917220224j:plain

《 この施設では、埼玉の地酒の呑み比べができるようです。自転車でも酔っ払い運転になってしまうので、今日のところは写真撮影のみ。 》

 

f:id:koro111koyampi:20190917220228j:plain

《 家の近くまで帰ってきました。暑くてふうふうです。ずいぶん稲刈りが進んでいます。 》

ニチニチソウの枝変わり? ・・・ではありませんでした

 我が家のニチニチソウ。花の色が白と赤とピンクの3色を一株ずつ買ったはず。

 

 そのうち、白い花弁の中心部分は、下の写真のように赤かったのに・・・f:id:koro111koyampi:20190916170044j:plain

 

 同じ株の違う茎から咲いた花は・・・

 

 あれっ? 赤くない!

 こんなことがあるのですね。

f:id:koro111koyampi:20190916170102j:plain

 

※ 翌日情報

  根元を確認したところ、別の株でした。

  どうやら、昨年植えたニチニチソウの実生が育ったようです。

  お騒がせをいたしました。

アキアカネの交尾と産卵

 私、どうも、昆虫の交尾に出くわし過ぎ。

 しかも、それを写真に撮ったうえに、「当事者」の了解も得ずにブログにアップするなんて・・・。

 昆虫たちにとっては、「虫の恋路を邪魔する奴は・・・。」の部類。

 

 で、今日はどうしたの? かと言うと・・・

 

 朝、水田地域を歩いてきました。

 もう、稲刈りが始まっていて、すでに刈り入れを済ませた田んぼも。

f:id:koro111koyampi:20190915214154j:plain

 

 先日の台風で、倒伏してしまった稲もあります。

 刈り取りが大変そうですね。

f:id:koro111koyampi:20190915214208j:plain

 

 田んぼにコンバインを入れるため、田を乾かしていたのに、雨が降ってしまって・・・

 コンバインが悪戦苦闘したぬかるみ。

f:id:koro111koyampi:20190915214219j:plain


 えっ、赤蜻蛉さんたち、そこに卵を産むの? すぐ干上がっちゃうよ、そこ。
f:id:koro111koyampi:20190915205940j:plain

 

 あれまぁ、見つけちゃいました。アキアカネの交尾。イトトンボみたいにハート形にはならないようですね。

 ちなみに、上のトンボが雄、下のトンボが雌です。雌が雄の腹部から精子を受け取っているところ。

f:id:koro111koyampi:20190915210009j:plain

 

 アキアカネ情報は以上です。

 

 以下は、本日の「ひむかサギソウ」の開花状況。

 七つの蕾のうち、六つが開きました。

 鷺が群舞しています。

f:id:koro111koyampi:20190915215116j:plain

 

フクラスズメの幼虫のブレイクダンス

フクラスズメは雀ではない

「ふくらすずめ」と書くと、冬の寒さから身を守るために雀が翅の内側に空気を蓄え、ころころとした姿になる「福良雀」のことだと思いますよね。ダウンジャケットを着こんで寒さに耐えているように見える雀たち・・・可愛らしい! 俳句でも冬の季語になっています。

 

 でも、カタカナで「フクラスズメ」と書くと、なんと! 蛾の名前になってしまいます。「スズメ」と名乗っていても、ホバリングをすることで知られたあの「スズメガ」の仲間ではなく、「ヤガ(夜蛾)」の仲間。

 

 私世代の男性には、「ミラージュ戦闘機みたいなやつ」というと伝わりやすいかも。

デルタ翼を持つミラージュ戦闘機に、雀の体の色と模様を模した塗色を施し、それを4センチメートルほどに縮小したら、フクラスズメ。

 えっ、イメージできない? ぜんぜん伝わってこない?

 そうかもしれませんね(オイオイ)。

 ということで、どんな蛾なのかが知りたい方は、ネット検索をお願いいたします。

 

幼虫はケバくてやばい

 さて、このフクラスズメの幼虫ですが、けばい奴です、ものすごくけばい。

 オレンジ色の頭、黒くて細長い胴体、横腹には黄緑色のストライプが走り、毒針のような毛もそこかしこに生えています。

 

f:id:koro111koyampi:20190914132103j:plain


 この毛虫、秋口に大量に発生します。ある場所のイラクサ科の植物を食べ尽くすと、次の「食堂」を求めて、道や庭に姿を現すことが。そうすると、その毒々しいイメージもあって、虫が苦手の方々が、保健所などに、

「毒虫がいっぱい出た~。何とかして!」

といった連絡をじゃんじゃん入れるとか。

 そのため、専門家の間では、ウグイスの「春告げ鳥」に対し、この毛虫のことを「秋告げ虫」と呼んでいるらしい。我々は、青くて高い空を見上げて秋を感じますよね。実に清々しい。ところが、昆虫の専門家は、フクラスズメの幼虫に対する問い合わせ、苦情、駆除依頼などが増えるようになると、

「ああ、秋になったなぁ。」

としみじみ思うのだそうです。ちょっと気の毒ですね。

 

警戒色の衣装を纏いカラムシを食す

 いつものように話が脱線し、あらぬ方向に走りはじめておりました。

「毒虫」から横道にそれていたことに、毒つながりの「気の毒」で気がつきました。

 

 さて、この毛虫、いかにも毒を持っていて、人間に害を与えそうなのですが、実は無害です。毒など持っておらず、色や形態で、

「おらぁ、毒なんだぜぇ。触ったり、食おうとしたりしたら、大変だぜぇ。」

と、相手を警戒させているだけ。

 

 フクラスズメの幼虫の食草は、イラクサ科の植物です。

 下の写真の幼虫は、カラムシの葉を食事中。

 

f:id:koro111koyampi:20190914132109j:plain

 

「カラムシ」と聞いて、「あっ、日本史の授業で聞いたことがある!」と叫ばれたそこのあなた、大学受験の際の選択科目は日本史だったのではないでしょうか? 実は私も、カタカナ名前の溢れる地理や世界史にはどうしても馴染むことができず、日本史を選択したのでした。

 カラムシの名は、江戸時代の各地の特産物の中で出てきたような・・・。もはや、うろ覚えです。

 

 この草からは、苧麻(ラミー)という繊維を採ることができるのです。「まお」、「からそ」とも呼ばれ、越後上布小千谷縮などの原料です。

 

フクラスズメのダンスをご覧あれ

 さて、この幼虫、警戒色を身に纏っていますが、それでも、「俺は騙されないぞ」という天敵はやってまいります。

 その時にとるフクラスズメの幼虫の行動が実に面白い。

 なんと、首振りダンスを踊るのです。一生懸命に。

 本人たちは、生きるために必死なのでしょうが、ちょっと笑っちゃいます。

 

youtu.be

 

チョウセンゴミシの赤い実

 群馬県嬬恋村で見かけた植物・菌類シリーズ。

 

 チョウセンゴミシマツブサマツブサ属)の実が赤々と。

 チョウセンゴミシは、漢字で書くと「朝鮮五味子」。

 

f:id:koro111koyampi:20190913170618j:plain

f:id:koro111koyampi:20190913170625j:plain


 名に「チョウセン」と入っていますが、朝鮮半島ばかりではなく、日本でも本州北部ではごく普通に見られるツル性植物です。

 

 ゴミシの五味とは、

1 甘味

2 酸味

3 辛み

4 苦味

5 塩味

の意で、ゴミシの実に、このすべての味が詰まっているという意味のようです。

 

 昨年末に京都のとある喫茶店で、ゴミシ茶を飲んだことを思い出しました。

 さぞや五味を堪能したと思いの他、酸っぱかったことだけを覚えています。

 

f:id:koro111koyampi:20190913170819j:plain