「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

幸福の黄色いリュウキンカが

 我が家に、サンタクロースに先駆けて、リュウキンカがやってきました。

 

f:id:koro111koyampi:20181218185910j:plain

 

 知人が株分けしてくれたもの。

 その人の話では、

「ものの本には、湿った環境が好きとのことだが、そうでなくてもよく育つ。」

とのことでした。

 

f:id:koro111koyampi:20181218190009j:plain

 ワサビやフタバアオイの葉に似ていますね。

 

 ネットで調べてみると、「水辺や湿地などに生育」とありますので、乾燥させないように栽培する必要がありそうです。

 

 我が家には、どちらかというと乾き気味に育てる方が適当な植物が多いので、ちょっと違った扱いをする必要がありそうです。

 

 黄金色の花が立ち上がるようにして咲くので「立金花」と名付けれらたとのこと。春先が楽しみです。

 属は違いますが、アネモネクレマチスと同じキンポウゲ科。同科の植物には、もちろん、がくも花弁も揃った華やかな植物が多いのですが、中には、花弁が退化してしまって、がくが花弁のように見える種類もあります。リュウキンカがまさにそれ。

「うわぁ、綺麗な花。」

と言って眺める黄金色のリュウキンカの「花弁」は、厳密に言うと「花弁」ではなく「がく」なのです。

 

「綺麗に咲いたリュウキンカとかけてなんと解く?」

 おっ、急に謎かけですか。

「立派な展覧会に出品したへたくそな絵と解きます。」

 ほぉほぉ、して、その心は?

「どちらも、『がく』の方が華やかでしょう。」

 がくっ。

 

 くだらないことを考えてしまったので、リュウキンカの花弁のように見えるものが「がく」であることは、これで忘れないですみそうです。

 

「そんなことより、水やりを忘れないようにしなさいよ。」

 おっしゃるとおりです。肝に銘じます。

 

 ところで、一番うれしかったのは、リュウキンカ花言葉

 

 必ず来る幸福

 

 外は寒いけれど、心の中がほんわかとしてきました。

こやんぴの出す問題が難問化する問題に関する一考察

はじめに

 

f:id:koro111koyampi:20181208210302j:plain

 こやんぴが「なぁんだ?」と言ってアップしたこの写真の正体は、茶の実でした。このことについては、一昨日ご報告したとおりです。

 

 正直なところ、ヒントとして、三つの実を地図記号の茶畑状に並べたものですから、どなたかから、すぐに、

「茶の実でしょ。簡単~。」

というコメントが入るのではないかと思っていました。

 

 ところが、そうはならなかった。

 意外に難問だったのではないか?

 だとしたら、なぜ、そうなったのか?

 

 出題者としては、しっかりと考察しておかなければなりません。

 

 

なぜ難問化するのか

 

 今回の問題が、意外に難問だった理由について、こやんぴは、3つの仮説を立ててみました。

 

【第一仮説】マカダミアナッツ近似説

 写真の実とナッツが、あまりにも似ていたので、

「なぁんだ、くっだらない問題だなぁ。マカダミアナッツに決まっているじゃないか。答えるのもばからしいや。」

と思われたのではないか?

 

【第二仮設】こやんぴは元々田舎の子説

 こやんぴは田舎育ちで、近くに茶畑や桑畑、稲田がいっぱいあったので、茶の実についてもよく知っていたが、都会育ちの人たちは、

「えっ、茶の実~? 『茶飲み友達』の間違いじゃないの~?」

と叫ぶ(訳ないか)ほど、茶の実を見たことも聞いたこともなかったのではないか?

 

【第三仮設】こやんぴは駄洒落の常習者説

 こやんぴとしては、けっこうストレートな問題のつもりだったのだけれど、日ごろのブログの書きぶりからして、

「こりゃあ、引っ掛け問題に違いない。ストレートに答えると、こやんぴに『へへへ~ん、そう思うでしょ? それがですね~・・・』とおちょくられるに違いない。ここは、答えずに、こやんぴの「くっだらない答え」を見てから、それをせせら笑った方が得策だ。」

と思う方が多かったのではないか?

 

 これらの仮説について、以下に、検証してみることといたします。

 

 

マカダミアナッツ近似説

 

 私こやんぴ、一度もハワイに行ったことはありませんが、マカダミアナッツの入ったハワイのチョコレートは、他の方からいただき食べたことがあります。美味しいですよね。

 でも、ナッツを見たことはあっても、ナッツを包む実を確認したことがありませんでした。チョコにちょっこり包まれているナッツしか知らないのです。

 

 そこで、今日、ウィキペディアで調べて見ました。皆様も、ぜひウィキペディアで「マカダミア」を検索してみてください。そこに、マカダミアの「実」と「ナッツ」の写真がありますので、上の写真と見比べていただきたいと存じます。

 なんと! マカダミアの「実」も「ナッツ」も、茶の実とその中身にそっくりではありませんか。

 

 でも、マカダミアはヤマモガシ科という、あまり聞いたことのない科に属していて、チャ(お茶の原料の茶)はツバキ科ですから、他人の空似なのでしょうね。

 

 ということで、私こやんぴが知らなかっただけで、茶の実とマカダミアの実があまりにも似ていたために、私の提出した今回の問題が難問となった可能性があるわけです。

 

 

こやんぴは元々田舎の子説

 

 こやんぴの住む地域は、今でも片田舎。5月、田に水が入れば、蛙がげこげこ大合唱。9月、稲刈りが終わると、ドジョウややザリガニを狙って鷺がぎゃあぎゃあ大乱舞。

 子どもの頃は、もう完全な田舎。周りを見渡せば、稲田に桑畑、そして茶畑。ですから、どんなガキンチョでも、茶の実がどんな形をしているか知っております。

 学校の社会の時間に、先生が地図の記号について説明しても、茶畑や桑畑の記号は、感覚的にすぐ理解でできるのです。

「茶畑の記号は、茶の実を図式化したものですよ。」

と先生。

「うんうん、分かる分かる。だって、俺達、昨日、茶の木からもいできたもん。」

と児童たち。

 本物を見ていますから、しっかり記憶に残ります。

 忘れん坊のこやんぴ爺であっても、半世紀以上にわたってず~っと覚えている・・・そういうことです。

 

 ところが、

「消防署の記号はこれこれ、警察署の記号はこれこれ。」

と先生に言われても、

「消防署って何だぁ? 自警団のことかぁ?」

「警察署って駐在さんのことかなぁ??」

 児童たち、どうもイメージがわきません。

 

 都会の子たちは、この逆なんでしょうね。

 これが難問化した理由である可能性も捨てきれません。

 

こやんぴは駄洒落の常習者説

 

 こやんぴの日ごろのブログ内容が内容です。くっだらないことおびただしい。

 それで、

「またぞろ駄洒落に違いない。」

と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

 私が愛読する「sunaowamuteki’s blog」の作者であるsunaowamutekiさんもそのお一人。

 赤茶色の実が3つあり、その中からナッツのようなものが顔を出しているものですから、

「まっかな実がみっつ…マカナミガミッツ…マカダミアナッツ

が答えなのかと、悩みに悩まれたようです。

 こやんぴ、知らず知らずにご迷惑をおかけいたしていたようで・・・

  

 もしかすると、ヒントで出したこの写真(下)ですが・・・

f:id:koro111koyampi:20181208210412j:plain

 パッカリと割れていますよね。

 そこで、

「あれぇ、実がパッカリと割れてるじゃんかよ~。はは~ん、分かったぞ。」

「え、何が分かったの? 教えて、教えて!」

「パッカリだ、3つのあのナッツ。パカリだみっつあのナッツ。パカだみあナッツ。マカダミアナッツ。」

「あっ、それだ、それだ。答え、分かっちゃったね。」

 

 違いますよ。

 

 どうも、へっぽこピッチャーのこやんぴがへろへろのストレートを投げたにもかかわらず、「くせ玉が来る」と予想した一流バッターを空振り三振に仕留めてしまったような展開です。

 

 そんなわけで、こやんぴの駄洒落癖が難問化を招いたとも考えられます。

 

 

結 論

 

 こやんぴとしては、三つの仮説のどれもがありそうなので、そのすべてが複合したために、こやんぴの出す問題が難問化したのではないか、そう考えております。いかがでしょうか?

 

「あのさあ、こやんぴ! もしかしたら、寝ながら考えた『パッカリだ、3つのあのナッツ。』について聞いてもらいたいから、この文章書いたんじゃあないの?」

 

 ちょっと、ちょっと~、それを言っちゃぁ、おしめぇよ。

 

(こやんぴ、すごすごと下手に去り、幕があたふたと下りる。)

寒い朝がやってきた

 今朝は、晴れていたために、放射冷却現象が生じ、かなり冷え込みました。

 

 隣の空き地の雑草たちにも、ついに、試練の時がやってきたようです。


f:id:koro111koyampi:20181216164042j:plain

 霜柱が立ちました。まだ、短い柱ですけれど、土塊など軽々と持ち上げてしまいます。なにせ、小石だって持ち上げてしまう力持ちですからね。

 

f:id:koro111koyampi:20181216164054j:plain

 さすがのオニノゲシも、薹の部分がダメージを受けたようです。

 

f:id:koro111koyampi:20181216164101j:plain

 針のように鋭い霜。それでも、オニノゲシは土にぴったりと張りついたロゼット葉で冬を乗り切ります。

 

f:id:koro111koyampi:20181216164106j:plain

 小春日和に誘われて、春先のようにこんもりとしていたキュウリグサ。霜にやられてしまうのではないかと心配していましたが、越冬のためにロゼット葉状態に移行中のようです。植物たち、大したものです。

 

f:id:koro111koyampi:20181216164115j:plain 車を運転しようにも、これでは前も見えません。

 

f:id:koro111koyampi:20181216164120j:plain

 鴨さんも寒いのかも。この格好では、鴨も前が見えません。

美味しそうな木の実 なぁんだ? 遅まきながら答えをば

「いかにも美味しそうな木の実。

 ビールのおつまみに最適?

 さて、これは何でしょうか?」

という問題を出し、正解は今週火曜日に発表すると言っておきながら、今日は、すでに土曜日ではありませんか。

 

 もっとも、どなたからも、

「早く正解を教えて~。」

というリクエストはございません。

 ということは、正解を発表するまでもなく、一番上の写真を見た瞬間、皆さん、こう叫ばれたのかもしれません。

「へへぇ~ん、すぐ分かっちゃう問題なんか出すなよな~。『ぺけぺけ』でしょ?」

 

 あちゃぁ、分かっちゃってましたか。

 そうなんです。これは、「ぺけぺけ」です。

 

 失礼しました。それではさようなら・・・

 

 と言って終わりにしてしまうと、下の写真が、本当に「ぺけぺけ」という名のナッツだと思ってしまう人がいて、

「あのさあ、このナッツ、知ってる? こやんぴが言っていたんだけどさぁ、『ぺけぺけ』という名の珍しいナッツなんだぜぇ。」

などと間違った情報が拡散してしまうかもしれません。

(万に一つくらいですが。いやいや、兆に一つ以下かも。)

 

「ぺけぺけ」は「××」ということです。伏字みたいなものです。

 まだ、正解は申し上げておりません。

 ならば、最初から、「××」と表示すべきでしたね。恐れ入ります。

 

 さて、しつこいようですが、もう一度。

 下の写真の「ナッツ」は何もの?

f:id:koro111koyampi:20181208210302j:plain

 

 前回も申し上げたとおり、下の写真が大ヒントです。 

f:id:koro111koyampi:20181208210412j:plain

 この写真がなぜヒントになるのか・・・それは、数。

 

 この3つが、元はどうなっていたのかというと・・・

f:id:koro111koyampi:20181215135716j:plain

「なぁんだ、洋梨かぁ。」

 違いますよ。

「日に焼けて黒っぽくなった柿?」

 違いますってば。

 

 3つの丸いものは、この中にぎっしり詰まっていたんです。

 

 これ(↓)でどうですか?
f:id:koro111koyampi:20181215135633j:plain

 これを図式化したものが、国土地理院の地図に使用されていますよね。

 

f:id:koro111koyampi:20181215140707p:plain

 これです。

 

 茶畑と言えばこの記号ですが、熱心な農家さんの茶畑には、茶の実は生らないんですってね。花を咲かせ実を生らせると、木が疲れてしまい良質の茶葉が採れなくなるので、花を咲かせないようにしているのだそうです。

 それにもかかわらず、茶の実を図式化したものが茶畑の記号になった・・・おもしろいではありませんか。

 茶畑にしても、桑畑にしても、栽培の主眼である葉っぱを図式化するという手はあったかもしれませんが、小さな記号にすると、両者の区別がつきにくくなってしまいます。そこで、茶畑は特徴のある実を、桑畑は栽培されている樹形を図式化したのでしょうね。

 

 ということで、茶の実が正解でした。

 

 ちなみに、この「ナッツ」、とてもおいしそうですが、毒があるようです。

 でも、椿の実と同じように、しぼると良質な油が採れるようですよ。

検査の後の甘酒三昧

CT検査

 

 今日は、午後から造影剤を入れてのCT検査。

 順番が来たのが、2時半頃。予定時刻より15分ほど遅れました。介助が必要な入院患者さんの検査が入ったためと思われます。

 

 造影剤を注射する看護師さんが、「ひっく、ひっく」としゃっくりをしています。

 針を刺す瞬間に「ひっく」が来たら大ごとだな、とびくびくしていたのですが、さすがはプロ、針を刺す少し前にしゃっくりが止まりました。

 

 とんだ「どきどき」はあったものの、検査は短時間で無事終了。

 結果を伺うのは1週間後。今度は、そちらに、ちょっと「はらはら」。

 

 造影剤を早く体外に出さなければならないため、いつもより水分を多く摂る必要があります。

 さっそく、水とお茶を飲みました。

 

 検査のため、お昼を控えていたので、お腹が空いています。

 さて、何を食べようかな?

 

 

そうだ 神田明神 行こう

 

 精算を済ませれば、もう午後3時です。あまりがっちり食べると、夕食に響きそう。

 

 そうだ、そうだ、甘酒も水分ではないですか。神田明神に行って、まずは、甘酒でもいただきますか。

 

 今日は強い北風なので、銀杏並木も、ずいぶん葉を落としました。

 

f:id:koro111koyampi:20181214180850j:plain

 それでも、湯島聖堂側の銀杏並木には、まだ、ずいぶん葉が残っていてきれいです。

 遠くにニコライ堂が見えます。

 

f:id:koro111koyampi:20181214181128j:plain

 夕暮れが近い上に寒いので、参拝客はあまり多くありません。

 仕事始めの「願掛け参拝」の大混雑とはえらい違いです。

 

 

f:id:koro111koyampi:20181214183952p:plain

 甘酒と言えば、何と言っても天野屋さん。一番人気の店です。

 神社の参道に面した側は、お土産を売っています。


 こちらが喫茶コーナーへの入り口。どちら側でも狸がお出迎え。

 

 

f:id:koro111koyampi:20181214180824j:plain

 ちなみに、喫茶コーナーの西脇は、旧中山道だそうです。

 

 

天野屋さんへ

 

 天野屋さんに入って、甘酒を注文しました。

 天野屋さんは、料金前払い制です。

 

f:id:koro111koyampi:20181214181752j:plain

 甘い甘い甘酒でした。小さな沢庵漬けが二切れ付いてきました。

 

f:id:koro111koyampi:20181214182033j:plain

 甘酒だけのつもりが、空腹がわらび餅を呼び寄せてしまいました。

 甘酒とわらび餅で、900円でした。

 

f:id:koro111koyampi:20181214182522j:plain

 座った席から見えた「中庭」(?)。手前にも蛙の置物が見えますが、つくばいにも、子蛙がいっぱい。

 

 

神田明神

 

「お参りするのが先だろう!」

 ごもっとも 様でございます。

 でも、空腹にはかなわなかったんでございますよ、お奉行さま。

 

 随神門も立派。

 

 もちろん、拝殿も立派。

 祭神は、一ノ宮に大己貴命(オオナムチノミコト、だいこく様)、二ノ宮に少彦名命スクナヒコナノミコト、えびす様)、三ノ宮に平将門命(タイラノマサカドノミコト、まさかど様)の3柱。

 

 三ノ宮の平将門は、親族間の諍いが続くなかで、争う相手が国司にまで拡大してしまい、西暦939年に、常陸国府を襲うに至ります。その際、武蔵権守だった興世王に、

国府を襲っちゃったんだから、都に楯突いたのと同じ。こうなったら、いっそのこと独立しちゃえば。」

とそそのかされ、新たな政権を立上げるべく「新皇」を称したとされています。

 ただ、十分な政権構想が無かったこともあり、藤原秀郷平貞盛の連合軍に敗れ去ってしまいました。

 

 私は、高校生の頃に、海音寺潮五郎の『平将門』を読みました。『平将門』は、海音寺さんの将門愛が溢れに溢れていて、将門を、不器用だけれど、真っ直ぐな、どこまでも真っ直ぐな気性の男として描いています。

 それに対し、貞盛は、立ち回りがうまく、女性にもモテる、ちょっと軽薄なタイプ、秀郷は、頭は良いけれど、何を考えているかよく分からない策士的人物として描いています。

 

 そんなわけで、私も、要領が悪くて苦労続きの将門がかわいそうで、かわいそうでならず、彼への感情移入が半端ではなく、今までずっと「将門、大好き!」なのです。

 阪神浦和レッズが好きなのも、両チームとも、いまいち要領がよくないところが将門とオーバーラップするからかもしれません。ということは、貞盛が巨人で、秀郷が鹿島でしょうか? 何てこと言ってると、両チームのファンに怒られてしまいます。

 将門や神田明神の話に戻りましょう。

 

 将門が神田明神の祭神なのは、大手町に「将門首塚」があり、これを移そうとすると祟りがあると言われているように、元々は、怨霊を鎮めるために神として祀ったことによるものです。

 そうではあるのですが、中央に敢然と挑んだところが、坂東の人間には受けたようで、坂東での将門人気は大変なものだったようです。将門の本拠である茨城から少し離れた埼玉にも、将門伝説が残っています。

 

 ところが、明治新政府になって、「天皇に弓引いた人物を神として祀るとは何ごとぞ。」ということになり、祭神の地位を追われてしまいます。祭神に復帰したのは、太平洋戦争が終わった後のことですま。

 

 

三河屋さんへ

 

 境内に、EDOCCO 神田明神文化交流館が建設中でしたが、完成していました。

 中を見学しようと思ったのですが、明日オープンとの表示があって入れませんでした。、今日は、関係者への内覧会だったようです。

 

f:id:koro111koyampi:20181214211640j:plain

f:id:koro111koyampi:20181214211651j:plain

 

 EDOCCO 神田明神文化交流館には、そのうち来るとして、甘酒屋さんのはしごをすることに。

 

f:id:koro111koyampi:20181214211841j:plain

 三河屋さんです。

「すでに甘酒を飲んでいるのに、なんと物好きな。」

とお思いでしょうが、このお店は、川越の旧家の親戚なので、川越っ子としては寄らずに帰るわけにはまいりません。

 

f:id:koro111koyampi:20181214212127j:plain

 本日二杯めの甘酒。

 三河屋さんの甘酒には、しょうがの粉が付いてきます。

 まずは、熱々の甘酒を飲んで味わってから、しょうがの粉を少々ふりかけ、掻き回すことなく、しょうがの香りを楽しみながら飲むのだそうです。

 天野屋さんの甘酒と三河屋さんの甘酒、同じ甘酒ながら、かなり味が違います。私は、それを評価する舌も文才もありませんので、どう違うのかを説明するのは勘弁してください。

 

f:id:koro111koyampi:20181214212815j:plain

 天野屋さんのわらび餅だけではお腹が満足しなかったので、三河屋さんでは磯辺焼きをいただきました。本当は3枚だったのですが、写真を撮る前に、1枚食べてしまいました。

※ 「磯辺焼き」を、「あべかわ」と書いてしまいました。

  修正済み。おお恥ずかし。

 

 三河屋さんは、料金後払い制。こちらも、900円でした。

 前払い制の天野屋さんの後、三河屋さんに入ると、料金を前払いした気になって、そのまま帰ってしまいそうになったりして・・・

 

 神田明神を後にし(三河屋さんには、ちゃんとお代を支払いましたよ。)、御茶ノ水駅方面に戻ると、北風が、木の葉を高く髙く舞い上げつつ、

「さあ、年末だぞ~、はよ年賀状を書かんかい!」

と言っているような気がしました。

 

 今年は、「なんでもぎりぎりのこやんぴ」には珍しく、すでに文面作成が終わっています。どういう風の吹き回しでしょうか?

 とは言え、油断大敵。この後の作業も、北風さんの警告を肝に銘じ、「結局はぎりぎり」とならないように進めていかなければなりますまい。

久しぶりに早足散歩

 温泉に行ったのが効いたのか、ここのところ散歩が億劫だったのに、今日は調子が良くて、コンデジお供に、さっささっさと歩くことができました。

 

 急に寒くなったので、これまでの小春日和の恩恵を受けて青々と繁っていた当地の草たちも、あっという間に萎れてしまいました。

 

 ひこばえの緑が行儀よく列をつくっていた穭田(ひつじだ)も、天地返しされて、黒々とした姿に。

 

f:id:koro111koyampi:20181213165932j:plain

 これが穭田。11月8日撮影。

 

f:id:koro111koyampi:20181213165803j:plain

 ほとんどの田が天地返しされて、黒々とした姿になりました。

 

f:id:koro111koyampi:20181213170343j:plain

 今日は昼間も雲が多く、気温が上がりませんでした。

 寒々とした夕暮れです。

 

f:id:koro111koyampi:20181213170503j:plain

 高圧鉄塔の電線の入り組んだその先に、雪を冠した男体山が。右隣は、多分、大真名子山

 

f:id:koro111koyampi:20181213170825j:plain

 小春日和を春と勘違いして咲いてしまったカラシナには、厳しい寒さとなりました。

 

 入間川の土手に登ると奥武蔵の山々がよく見えます。

 右端の笠山も震えているような・・・

 

f:id:koro111koyampi:20181213171357j:plain

 もう一度、男体山の写真を撮りました。夕陽に山頂付近の雪が赤く染まっています。

 

f:id:koro111koyampi:20181213171629j:plain

 関東以北の最高峰である日光白根山も、その名のとおり、真っ白(夕陽で赤くはありますが)。

 

f:id:koro111koyampi:20181213171636j:plain

 セイタカアワダチソウは、寒さに強い植物。ほかの植物が枯れても、霜が降りても、冬がかなり深まるまで頑張り続けます。花さえ咲かせているではありませんか。

 

 早足散歩を終えても、元気。ちょっとうれしい。

鹿火屋のいも串 そして名残りの紅葉

懐かしの鹿火屋へ

 

 2泊3日の温泉療養を終え、帰りがけの総仕上げに、いも串が美味しい鹿火屋さんに寄りました。

 

 鹿火屋さんは、水沢観音を過ぎ、水沢うどんの多くの店を越えて、さらに下った吉岡町にあります。

 

f:id:koro111koyampi:20181212170928j:plain

 よかった、営業中。

 

f:id:koro111koyampi:20181212171022j:plain

 いも串の紋所が目に入らぬか? 

 入ります、入ります。

 あれっ、入口の障子紙を誤って破ってしまったお客さんがいるようですね。

 

f:id:koro111koyampi:20181212171209j:plain

 薄暗い店内には、囲炉裏の火がちろちろと。

 

 

f:id:koro111koyampi:20181212171327j:plain

 囲炉裏で燃える薪が煙を発生させ、それが店内を漂います。

 

f:id:koro111koyampi:20181212171742j:plain

 だるまさんも、煤で真っ黒。

 いつものように、いも串とくず餅を注文しました。

 

f:id:koro111koyampi:20181212171856j:plain

 すぐに、鹿火屋の自家製くず餅がやってきました。

 くず餅自体も美味しいのですが、黄粉も黒蜜も、たまらなくおいしいんです。

 

f:id:koro111koyampi:20181212172109j:plain

 くず餅は、お土産としても購入しました。

 

 いも串は、注文してから焼き出しますので、しばらく待つことになります。

 

f:id:koro111koyampi:20181212172236j:plain

 ほっかほかのいも串、登場。

 特製のたれが、里芋のうまさを引き立てます。

 たれも販売されていて、我が家では、前回購入したたれが、今でも活躍中です。ふろふき大根につけても美味しんです。

 

 

名残りの紅葉

 

 鹿火屋さんと道路を挟んだ反対側に、モミジがたくさん植えられていました。かなり散ってはいたものの、北風に耐えた紅葉たちが逆光に輝いていました。

 雪の六日町、底冷えの伊香保を経験してきただけに、奇跡ではないかとすら思いました。

 

f:id:koro111koyampi:20181212172901j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212172907j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212172918j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212172931j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212172943j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212172957j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212173002j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212173006j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212173102j:plain

f:id:koro111koyampi:20181212173114j:plain