「社労士こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「社労士こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

オペラシティへ 新進気鋭のマエストロ

 初台の東京オペラシティに行ってきました。

 

f:id:koro111koyampi:20180121220023j:plain

 

 いつも楽しみにしている東京フィルハーモニー交響楽団の「休日の午後のコンサート」。

 今回のプログラムは、「オーケストラクライマックス」。「クライマックス」とあるとおり、今回選ばれた6つの楽曲はすべて、コンサートの幕開けやエンディングを飾るようなエキサイティングなものばかり。

 

 聴く側にしてみれば、名曲のおいしいところが次々と運ばれてくる贅沢なコース料理のようなものですから、お年玉をもらったような気分です。

 一方、演奏する側にとっては、なにせクライマックス部分ばかりなのですから、息もつけません。楽団のすべてのメンバーが大変、指揮者も重労働です。

 

 その重労働を担当したのが、23歳のマエストロ、太田弦さん。まだ、芸大大学院の学生でありながら、風格にあふれた指揮ぶりでした。

 きびきびとした動きはエネルギッシュで、「若い力」がみなぎっていました。力強さばかりではありません。体全体、特に手の先、指の先までの動きが、軽快かつしなやかなのです。聴衆も、ついついひきこまれ、のりのりになっていきます。私の周りでも、首でリズムをとったり、前のめりになって聞き惚れたりする方が、あちらにも、こちらにも。

 

 「休日の午後のコンサート」の特色の一つが、演奏の合間に、指揮者が曲の誕生秘話や聴きどころなどを紹介するコーナーのあること。

 司会者から、「年上ぞろいのオーケストラのメンバーに指示を出すのは気苦労な面もあると思いますが、指示を出す上で心がけていることは何ですか。」と問われた太田さんは、

「手の動きだけで指揮者の意図が伝わることがベストでしょうが、やはり短い言葉も必要です。その際は、伝わりやすい言葉をかけるようにしています。例えば、『もっと小さな音で』というのではなく、『50メートル先から、あるいは、100メートル先から聞こえるように』とか。」

といった趣旨の話をとつとつとされるのです。

 

 「若き天才」の中には、「えへへ、僕って天才だもんね~。」といった態度あからさまな方もおられ、それはそれで、やはり天才だからこそだと思いますが、太田さんは、はにかむように話されるのです。初々しい限りです。演奏中は大天才、普段は「とってもいい人」、そんなイメージの名マエストロになってもらいたい、そう思いました。

 

 東京フィルを指揮するのは初めてとのことでしたが、演奏中は実に堂々たるもの。ところが、入場、退場の時は、体に針金を撒きつけたようにぎこちない動きなのが微笑を誘います。

 よりによって、司会者が、

「若い人はさっさと歩きますが、太田さんはゆるゆると歩かれる。それが指揮者の風格につながるんですね。」

などというものですから、その後の入退場時には、太田さん、ますます緊張され、意識されたため、体の針金が5倍ほど太くなったように、幼稚園児のあどけない行進姿のようになってしまいました。

 それがまたよかったなぁ。

 

 私たち夫婦にとってフル充電となった一日でした。

 

f:id:koro111koyampi:20180121220315j:plain

 

「おもんぱかる」解決(?)編 そして、ナツズイセンが芽を出して・・・

「オモンパカル」最終章(?)

 

 3日間連続となってしまいました。「おもんぱかる」問題。

 「ねえ、ねえ、こやんぴ! 他にすることがあるんじゃないの?」

と、私の立場を慮る人もいるかもしれません。いないかな。

 

 「おもんぱかる」については、昨晩、国語教育界の大御所である恩師に懇切丁寧なご指導をいただきました。おかげさまで随分前進したとは思うのですが「最後の詰め」が残っています。「春まで保留にしよう」と昨日は書きましたが、なんと、Hatena Blog内でヒントをいただき、自分としてはほぼ解決かな、という段階に到達いたしました。

 

 参照させていただいたブログは、

http://kyujin.nihongokyouiku.net/entry/2017/01/20/154026

 

 感謝、感謝です。

 

 同記事の中に、

動詞の語幹末尾の音素が両唇音(フ・パ行・バ行・マ行)の場合、前述のとおり、撥音便が用いられます

とありました。

 

 「おもんぱかる」が音便変化する前の形は、「おもひはかる」です。

 これが「omohi hakaru」ですと、「omohi」の「h」が両唇音ではありませんので、この条件に当てはまりません。

 

 ところが、日葡辞書が編纂された時代以前には、「omofi fakaru」と発音されていた、つまり「思ひ」の「ひ」が両唇音だった可能性が高いので、このルールが当てはまるといっても大丈夫かな、そう思います。

 

 さらに、濁音化するべき「はかる」が「fakaru」であれば、「f」が両唇音仲間の「p」に変わることになるのでしょう、これも多分ですが。

 

 ということで、「おもひはかる(omofi fakaru)」に音便が生じ、「おもんぱかる(omompakaru)」となる・・・恐れ入ります。確信はありません。

 

 自分としては大分すっきりしてきましたが、完全にすっきりするためには、また、先生に教えてもらう必要がありそうです。

 

 話題を変えて

   ・・・ナツズイセン

 

 我が家の庭に、ナツズイセンの芽が顔を出し始めました。ナツズイセンヒガンバナ科の植物で、真夏に涼しげで、かつ、艶やかな花を咲かせてくれます。

 

f:id:koro111koyampi:20180120162436j:plain
f:id:koro111koyampi:20180120163042j:image

 

 ナツズイセンが私のもとに嫁いできたのは、もう半世紀も前のことになります。

 当時、短期間ですが、2月の寒い頃に、電柱を建て、かつ、電信柱に登り電話線をつなぐ仕事を手伝ったことがあります。

 

 現場に到着したら、まず、建柱車に搭載されたドリルで穴を穿ちます。

 機械で穿つので楽ちん、と思いきや、土の状態によっては、掘っても掘っても周りから土が崩れてきて難儀することもあります。そんな日は、作業が長引き、寒いは疲れるはで泣きたくなってしまいます。

 

 幸い、その日は、関東ローム層の土だったので仕事がすいすい進みました。

 休憩してお昼を食べているときに、掘った土の中から「水仙の球根」が数個、掘り出された状態で横になっているのを発見しました。そのまま放置したら腐ってしまうので、ポケットに入れて持ち帰り、生家の庭に植えておきました。

 

 ところが、春になっても、葉が茂るだけで、ちっとも花をつけません。

 また、その葉の太くて長いことといったらありませんでした。

 「花をつけないくせに、随分と大きい顔をするのね。」

 訳のわからない植物に庭の一部を占拠されて、母はちょっと困っていました。

 

 そのうち、夏を前にして、無用の長物呼ばわりされていた葉も枯れてしまいました。連れ帰った私の立場がないではありませんか。

 

 ところが、真夏になって、何もない土の中から、にょきにょきと数本の花茎が伸び始め、大ぶりの花が咲いたので母も私もびっくり仰天。

 図鑑で調べて、ナツズイセンだと知りました。

 

 実家から我が家にもやってきたナツズイセンは、毎年夏に私たちの目を楽しませてくれるのです。

 

f:id:koro111koyampi:20180120161650j:plain

「おもんぱかる」懲りない続編

 深みにはまってしまいました。名馬「おもんぱかる」号が、

「ぱかぱか、ぱかぱか、ぱっかぱか」

と、頭の中を馬事公苑と間違えて歩き回っています。

 

f:id:koro111koyampi:20180120100024j:plain

 

 これは早急に解決しなけらばなりません。そうでないと、こやんぴの頭脳公苑が蹄の跡だらけになってしまうかも。

 うん? そうなると、頭の中がしわだらけになるわけで、かえって頭脳明晰になっちゃうかも。ほっとこうかなぁ。

 

 いえいえ、だめです。それなりの解決をしないと、

1 もやもや感がいつまでも残る。

2 他のことに気が回らなくなる。

3 当然、散歩もおろそかになる。

4 お散歩ブログに書くことがなくなる。

5 ブログ閉鎖に追い込まれる。

6 それでも、世間様には何の影響もなし。

7 こやんぴだけ、もやもや感が百倍増。

という恐怖の連鎖が待ち受けています。

 

 「おもんぱかる」問題解決のヒントは広辞苑の中にありそうです。

 

おもん・ぱか・る【慮る】《他五》(オモヒハカルの音便。オモンバカルとも)よくよく考える。考えはかる。思いめぐらす。〈日葡〉。「相手の立場をー・る」

 

 「オモヒハカル」、「音便」、「日葡」、う~ん、ここら辺から「秘密の花園」のかぐわしい香りが漂ってきます。

 

 まずは、「オモヒハカル」から。

 「オモヒ」は、ハ行四段活用の動詞「思ふ(omofu)」の連用形「思ひ(omohi、あるいはomofi)」。下に用言である動詞「はかる」が続くことから連用形になっている訳です。

 

 この「思ひ」と「はかる」とに音便が生じた、ということですね。「ひ」が「ん」と変化するので「撥音便」です。

 

 撥音便の例を挙げると、

   「飛びて(tobite)」が「飛んで(tonde)」

 「bi」が「n」に変わり、清音の「て(te)」が濁音の「de」に変化していますね。この方が発音しやすくなるからです。

 

 さて、「思ひ」ですが、現代日本語では「思い」となります。したがって、「思いはかる」は別に言いにくくもありません。音便に頼らなくてもいいみたいですよね。

 

 では、「思ひはかる」だと言いにくいでしょうか。

 発音が「f」音のない「omohi hakaru」だとした場合を考えてみましょう。

 このままだとちょっと言いにくいけれど、「omoi hakaru」と省エネ発音すれば済みそうな気がします。百歩譲って音便にお出まし願った場合でも、「は(ha)」は「ば(ba)」に変わると考えた方が良さそうです。

 

 そうすると、「おもんぱかる」が正解ということに・・・

 「振出しに戻る状態です。

 

 さあ、ここでポルトガル語ネイティブの登場です。日葡辞書先生、どうぞお入りください。

 

 日葡辞書は、16世紀末から17世紀初めの日本人、編纂者が接することが可能だった日本人の発音を正確に反映しているといわれています。

 現段階で確認したわけではありませんが、もしかすると、編纂者と交流した日本人は、「思ひ」を「omofi」、「はかる」を「fakaru」と発音していたのかもしれません。

 

 そうすると、「omofi fakaru」。

 どうでしょうか?

 「おもふぃふぁかる」、核心部分を抜き出してみると、「フィーファー」、慣れないこともあり、なんか言いにくいですね。

 

【影の声】

 「フィーファー」を笑いのネタにしている芸人がいたね、確か。

【こやんぴ】

 あれは、「ひーはー」。

 

 え~、「ひーはー」は置いといて、「オモンパカル」問題に戻ります。

 

秀吉; 「omofi fakaru」の「fifa」が言いにくいなぁ。

利家; 両唇音の「f」を繰り返す「fifa」が面倒なんだよ。

秀吉; 後ろを「p」にするとどうかな。

    唇が開放されてい言いやすいよ。

    「b」よりも開放感が高いし。試してごらん。

利家; あっ、本当だ。

    いっそのこと、前も「ん」にしちゃえば?

秀吉; そうすると、「omompakaru」か。

    う~ん、いいね。

利家; 「mp」が最高の文字なんだよ。

    「koyampi」がよい例。

秀吉; よし、「omompakaru」に決めちゃおうぜ。

利家; 「おもんぱかる」、ばんざ~い。

 

 これでは、万歳ではなく漫才です。そもそも、秀吉と利家の二人で決めたわけがありません。

 

f:id:koro111koyampi:20180120100123j:plain

 国語の大家の先生に確認してみます。

 

【数時間経過】

 

 先生にお電話してお尋ねしました。

 

 先生によると、室町時代頃までの日本語では、「はひふへほ」は「fa,fi,fu,fe,fo」と発音されていたそうです。すべての音が両唇音。唇を結んで発音していたんですね。

 ちなみに、安土桃山時代は過渡期で、江戸時代に入ると「ha,hi,fu,he,ho」に変わったとのこと。「ふ」だけが両唇音。実際に発音していただければ「なるほど」と思われるはず。ただし、私たち現代人は口を完全に閉じていません。不完全な両唇音です。

 

 あれれ、こやんぴ説、けっこういい線いっていたではありませんか。

 

 さらに、日本語では濁音化が一般的な中にあって、少数派である半濁音が生じる場合についても教えていただきました。

 一本、二本、三本の「三本」は「sanbon」と濁音化します。これに対し、「一本」は「ipponn」と半濁音ですね。「日本(nippon)」も同様。

 「ff」と連続する場合に「pp」と半濁音化するのだそうです。

 

 電話ですし、お忙しい身である先生をあまり長い時間質問攻めにするわけにもいきませんので、本日はこれまで。

 「fifa」の連鎖が「mpa」となる究極のメカニズムについては、気候がよくなって先生とじっくりお話ができるようになるまで保留箱に入れておくことにします。

おもんばかる、おもんぱかる・・・日本語は難しい

 昨年、ある知事さんが、

「・・・がおもんぱかったんでしょう。」

と発言したことがありましたね。

 

 私だけでなく、かなり多くの方が、

 えっ、「おもんぱかった」???

とテレビに向かって叫んでしまったのではないでしょうか。

 

「しょうがねえなあ、『おもんばかる』『ぱか』なんて言っちゃってさぁ。」

「ほんと、ほんと。パカパカパカって、それじゃあ馬の蹄の音だよねぇ。」

 

 日本国中で、こんな会話が交わされたかもしれません。

 

 ところが、『広辞苑』には、

おもん・ぱか・る【慮る】《他五》(オモヒハカルの音便。オモンバカルとも)よくよく考える。考えはかる。思いめぐらす。〈日葡〉。「相手の立場をー・る」

とあるではありませんか。

 

 馬の蹄の「おもんぱかる」が大正解だったんですね。驚きました。

 

 

f:id:koro111koyampi:20180118233655j:plain

 

「ところで、『広辞苑』の〈日葡〉ってなあに?」

 そこを聞いてきますか? 鋭いですね。私もよく分からないんですよ。

f:id:koro111koyampi:20180118233749j:plain

 

 私の理解が間違っていなければ、「相手の立場をおもんぱかる」という表現が、17世紀初めの日葡辞書(日本語をポルトガル語で解説した辞書)の中に用例として記されているという意味ではないかと。ポルトガル語表記で正確に「ぱかる」と書かれているのでしょう、自信ありませんが。

 

 なぜ、こやんぴが急にこんなことを書き始めたかというと、昨日のブログの標題「こやんぴの鳥命救助 その3 足を掬われたコサギ物語」は修正後のものだからです。

 私は最初、「足を掬われた」ではなく、「足もとを掬われた」と書いていたのです。今までずっとそういう表現だと思い込んでいたからです。

 

 虫が知らせたというのでしょうか、何となく気になってネット検索をしてみたら、「足をすくう」が正解で、「足もとをすくう」は誤りのようです。

 

 『広辞苑』にも「足をすくう」は掲載されていますが、「足もとをすくう」はありませんでした。「足もとを」の用例としては、「弱みに付け込む」という意味の「足もとを見る」しかありません。

 『広辞苑』大先生から

「これこれ、こやんぴさん、『足もとを掬われた』などと書いて、足もとを見られないようにしなさいよ。」

と訓告を受けたような気分です。

こやんぴの鳥命救助 その3 足を掬われたコサギ物語

 久しぶりに「こやんぴの鳥命救助」についてお話し申し上げます。

 

 私は、「こやんぴの鳥命救助」その1、その2でお話ししたように、小雀のチュンチュ、若き燕のチュピピが弱っているところに遭遇し、それぞれ、我が家に一泊してもらって、元気を回復後、仲間のもとに送り届けました。

 その際にも申し上げましたとおり、何の見返りも求めないボランティア。したがって、雀さん、燕さんから、大小にかかわらず葛篭(つづら、「舌切り雀」に出てきますね。)を貰い受けようとか、タキシード(燕尾服)を一着誂えてもらおうとか、そんな気持ちはございません(きっぱり)。

 鳥命救助の後、あれこれ妄想はしましたけれどね(コレコレ)。

 

 さて、今回も、愛犬コロとの散歩中の出来事でした。コロが異変にいちはやく気がつきます。耳がピンと立ち、ある一点を凝視しています。

「バタバタバタバタ」

 あれまあ、野菜畑の中で、何か白いものがもがいているではありませんか。

 

 びびりのこやんぴは、おっかなびっくり、少しずつ接近します。

 かわいそうに! おっちょこちょいのコサギさんが鳥よけのネットに足をからめてしまい、もがいても、あがいても脱出できなくなっていたのです。

 

 コロに、

「ちょっとここで待っていてね。」

というと、さすがこやんぴ家の名犬コロ、お座りをして待機の姿勢。

 コロは、小さい頃から私が徹底的に躾けたので、散歩中も私より前に出ることはありません。ぴったりと私の横について健気なものです。私が花の写真を撮っているときも、座って静かに待っています(「親バカ」ならぬ「コロちゃんバカ」ですね、こやんぴは。)。

 

 畦道にコロを待機させて、気の毒なコサギさんに近づくと、当然、野生の生き物ですから人間を信用していません。

「バタバタバタバタバタバタバタバタ」

 羽を打ち鳴らし、

「寄ってこないで! あんた、どうせ私を捕まえに来たんでしょ? 人間なんて大嫌い、あっちに行ってよ。」

と言っているように見受けられます。

 

「大丈夫だよ、コサギさん、チュンチュやチュピピに噂を聞いていないのかい。こやんぴオジちゃんが今助けてあげるからね。」

 そう言って、黄色いネットに複雑に絡まってしまったコサギの黄色い脚指をそっと握り、こんがらかりを少しずつ解いていきました。

 

 そうすると、先ほどまで慌てふためいていたコサギさんが、

「あら、助けてくれるのね。ありがとう。」

と思ってくれたのか、冷静になって、つぶらな瞳で私の目をじっと覗き込んでいるではありませんか。奇跡です。

 

 とうとう、すべてのこんがらかりがコサギさんの脚指から外れました。

 私が手をそっと放すと、幸い怪我も無かったようで、コサギさんはゆっくりと羽ばたき、大空へと帰っていきました。

 

 遠くでこの様子を見守っていたコロちゃんも、

「よかったね、コサギさん。」

と言っているかのよう。空駈けるシラサギさんを目で追っていたかもしれません。

 

 さて、その後、雪の降る夜、白装束を身にまとった鷺娘が我が家に・・・

 

 やってくるわけはなく、私も妻も、ほっと胸をなでおろしたのでした。

 だって、恩返しに白い反物を次から次へと作ってくれるならともかく(見返りを期待しているじゃないの、こやんぴったら。)、私たち一家の者に巧言を弄し、いつの間にやら、こやんぴ家の金銀財宝(あるわけないので、心配無用なのが少しばかり悲しい。)をすべて巻き上げてしまうサギだったら困りますものね。

f:id:koro111koyampi:20180117173310j:plain

あのホトケノザは春の七草ではない

 昨日の夜のクイズ番組を見ていたら、「ホトケノザ春の七草)」とテレビの画面に紹介されたので、「おやおや」と思いました。

 ご存じの方も多いと思いますが、植物図鑑に載っているシソ科の「ホトケノザ」は、七草粥の材料となる「仏の座」ではありません。そもそも、「ホトケノザ」は、厳しい冬の最中でも、霜にも負けずに茎を伸ばし、花まで咲かせている豪の者。いかにも固そうで、おいしそうではありません。

 

f:id:koro111koyampi:20180116212920j:plain

 

 ものの本にも、「食用ではないので注意」と記述されています。毒草だという噂を吹聴する人も。

 私の高校時代の友人は、

「えっ、七草じゃあないの? おれ、七草粥に入れて食べちゃったよ。」

と驚き、かなり気にしていましたが、今でもピンピンしています。ただし、彼が「そのてのもの」が平気な特異体質かもしれないので、無理に食べる必要はございません。

 

 七草の「仏の座」は、キク科に属するコオニタビラコです。春になるとタンポポを思いっきり小さくしたような花をたくさん咲かせます。なかなかに可憐な植物ですが、油断しているとどんどん増えてしまいます。タビラコちゃんには気の毒ですが、いわゆる「雑草」に属するといえるでしょう。

 

 この植物は、タンポポナズナと同様、地面に張りついた放射状のロゼット葉の形で越冬します。これがなかなかに賢いのです。

 冬になると、丈の高い草ぐさはほとんど枯れてしまいますよね。ですから、地面にぴったりの状態でも、たっぷりと太陽の光を浴びることができます。わざわざ茎を伸ばしてエネルギーを浪費する必要などないわけです。それに、空中よりも土の方が寒くないらしいですし。あったまいい‼

 

 タビラコちゃんは、こういった省エネルギー体制のまま、他の草たちが惰眠を貪っている(?)冬場でも栄養を蓄え、春から始まる他の草たちとの「上へ上への大競争」の準備をしているんです。

 

 冬の白菜がおいしいのは、凍らないように細胞内の水分を「不凍液」に代えているからです。糖分を多くして氷りにくくしている・・・すごい!

 おそらく、ナズナコオニタビラコのロゼット葉も、同じようにして冬の寒さに耐えているものと思われます。だから、1月7日の朝においしくいただけるのでしょうね。

鵜が意地悪なのか、それとも鷺が・・・?

 河川敷を散歩していると、前から歩いてきた上品な女性が、

「たいへんです。白鷺が鵜に苛められているの。」

と訴えてきたことがあります。

 

 彼女が指差す先を見ると、川の中にたくさんのカワウとコサギが群れています。確かに、カワウが川の中間地点を我が物顔に動き回っていて、コサギの方はカワウに意地悪をされて川岸に追いやられているようにみえます。 

 

f:id:koro111koyampi:20180115215407j:plain

 コサギが「悪者」カワウに追い払われ、飛んで逃げている???f:id:koro111koyampi:20180115220410j:plain

 

 黒装束のカワウが何となく悪漢のようにみえるのに対し、優美な白いドレスを着たコサギはおしとやかなお嬢様のよう。どうみても、カワウの方が分が悪い・・・

 そのようなわけで、この女性が「正義の味方のコサギが悪役のカワウから折檻を受けている」と思ったのも無理はありません。

 

 はたして、カワウ悪者説は本当なのでしょうか?

 

 カワウは、水中に潜り、その目でしっかりと獲物を確認しつつ、効率のよい「トロール漁法」を駆使します。漁の名人です。いつも大漁です。

(このため、内水面の漁業者には、ものすごく嫌われています。せっかく放流した鮎の稚魚を根こそぎ食べてしまったりするからです。)

 

 これに対し、コサギなどの鷺さんたちは一本釣りの太公望。浅瀬でじいっと魚が近づいてくるのを待ったり、抜き足差し足忍び足で接近したり。いずれにしても、相手(魚)の動きにじっと目を凝らし、「今だ!」と確信が持てたときにやっとこさ釣り上げるのですから、どうしても効率が悪い。

 

 そこで、鷺さんたちは考えました(多分)。

「そうだ! 鵜さんたちが川の真ん中で魚を追い回してくれれば、魚たちが川岸に避難してくるに違いない。そこを狙って大量捕獲。これぞ追込み漁、グットアイディアだぁ。」

 

 といったところではないでしょうか。それが何より証拠には、コサギさんたち、忙しげに歩き回り、嘴を水の中に激しく突っ込んでいるのです。

 「入れ食いだぁ。」

 「作戦、大成功‼」

 こやんぴには、鷺さんたちがそのように叫んでいるように思われるのでした。

 

 「ちょっと待ってよ、こやんぴ。鷺さんたちが川岸で魚を追い回すので、川の真ん中に魚が避難、それを鵜たちが漁夫の利、とも考えられるんじゃあないの?」

 分かります、分かります、そのお気持ち。優雅な白鷺さんが「こずるい」なんて考えたくありませんものね。やはり、悪役はカワウであってほしい、もっともなご意見です。

 

 でも、私の観察するところによると、漁場を先に移動するのは常にカワウです。コサギたち鷺の仲間はそれを追うように移動していきますので、どちらかというと鷺さんたちの方が、カワウさんからメリットを受けているのではないでしょうか。

 

 鷺さんは、浮きが動くのを辛抱強く待っている太公望の雰囲気がありますね。

f:id:koro111koyampi:20180115220010j:plain