「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

外山康雄 野の花館(塩沢)庭園編

 野の花館を出る前に、前回のブログ、外山康雄 野の花館(塩沢)館内編に掲載漏れとなっていた館内の花を数点ご紹介いたします。

 

koro111koyampi.hatenablog.com



f:id:koro111koyampi:20180618160935j:image

 エチゼンダイモンジソウ。

「大」の字が大胆。この「書」は、三筆の手になるものか、三跡の作なのか。


f:id:koro111koyampi:20180618161004j:image

 ミヤマカラマツ。

 カラマツソウは、川越でも普通に見られますが、これはまた上品な。


f:id:koro111koyampi:20180618161057j:image
f:id:koro111koyampi:20180618161332j:image
 キンコウカ(金光花、金黄花)。
 館の札では、「金紅花」となっていました。

 まだ全開ではありませんでしたが、姿の美しい植物ですね。

 

 さて、館外のミニ庭園を拝見しましょう。


f:id:koro111koyampi:20180618163106j:image
f:id:koro111koyampi:20180618163126j:image
 目の錯覚かと思いました。

 ゴシキドクダミ

 緑、黄色、赤、桃色・・・あれ、4色?

 花が白だからではなく、葉の色移りの部分に白が微妙にあって5色だそうな。この株では微妙。


f:id:koro111koyampi:20180618163918j:image

 オキナグサ(翁草)。

 同じキンポウゲ科アネモネに似た、でも、渋い花が咲きます。種になると、アネモネよりオキナグサの方が目立ちます。

 

f:id:koro111koyampi:20180618164342j:image

 サルメンエビネ

 猿に似ていますでしょうか?

 

f:id:koro111koyampi:20180618164509j:image
f:id:koro111koyampi:20180618164542j:image
 このイカリソウは、なんという名前なのかな?

 派手な緋色のマントを着ていますが・・・


f:id:koro111koyampi:20180618164756j:image
f:id:koro111koyampi:20180618164818j:image
 雨に濡れると透明になる花をつけるサンカヨウ

 すでに、ブドウ色の実になっていました。

 花も実も美しい、私の大好きな草本植物。

 

f:id:koro111koyampi:20180618165251j:image

  マイヅルソウ

 山に登ると、いつも、この草から元気をもらいます。

 これも、もう実になっていました。


f:id:koro111koyampi:20180618165612j:image

  モミジガサは、開花直前。


f:id:koro111koyampi:20180618165930j:image

 モミジガサの隣には、ヤブレガサ。芽出しの頃は、ヤブレガサの方が人気ですが、花ではモミジガサに軍配が上がります。


f:id:koro111koyampi:20180618170222j:image

 ホタルブクロの蕾も、可愛らしいですね。


f:id:koro111koyampi:20180618170335j:image

 おお、ヤナギランも! あと少しで開花です。


f:id:koro111koyampi:20180618170445j:image

 クマガイソウの開花は、来春、見に来たいところです。

 

 外山さんの絵の入った落雁やコースターなどをお土産に、野の花館を後にしました。


f:id:koro111koyampi:20180618171738j:image
f:id:koro111koyampi:20180618171826j:image
f:id:koro111koyampi:20180618171842j:image

 何回も訪れたい素敵な美術館です。

 

外山康雄 野の花館(塩沢)館内編

 南魚沼市内の塩沢石打インターチェンジ近くに、野の花の水彩画で有名な「外山康雄 野の花館」があります。

 建物は古民家を移築、改装したもの。しっとりと落ち着いた雰囲気が漂います。

 

 外山さんの野の花をあしらった暖簾を潜って中に入ると・・・

 

f:id:koro111koyampi:20180618083349j:image

 なんと、受付に外山さんご本人がいらっしゃいました。

 

 入館料は300円、外山さんの作品の脇には、モデルとなった植物の鉢植えが置いてあります。

 

 入場券はなく、外山さんの絵入りの栞が何種類か並べられていて、そのうちの一つをいただけます。

 

f:id:koro111koyampi:20180618103438j:image
f:id:koro111koyampi:20180618103500j:image
 すべての絵に鉢植えが添えてあることには驚きました。

 

 館内の写真撮影は、鉢植えの植物はおろか、作品もフリーとなっています。今回は、鉢植えの植物の方を主に撮りました。


f:id:koro111koyampi:20180618102040j:image

 エビラフジ(箙藤)。色の変化する様が神秘的ですね。

f:id:koro111koyampi:20180618111558j:image

 外山さんの絵は、実物大で描かれています。


f:id:koro111koyampi:20180618102221j:image

 ミヤギノハギ。落ち着いた色合いで、日本人好みの花。


f:id:koro111koyampi:20180618102332j:image
f:id:koro111koyampi:20180618102408j:image

 ミツバシモツケ(三ツ葉下野)。

 私は、初見。控えめなその姿に魅せられます。


f:id:koro111koyampi:20180618102442j:image
f:id:koro111koyampi:20180618102515j:image

 キンセイラン(金星蘭)。

 これも、初めて見た花。凛としたその立ち姿に釘付けとなり、随分長い間眺めていました。


f:id:koro111koyampi:20180618102619j:image

 絵と鉢植えの配置にリズム感がありますね。


f:id:koro111koyampi:20180618102701j:image

 カキランは知っていますが・・・

f:id:koro111koyampi:20180618103556j:image

 これは、葉も、茎も、花も、渋茶色。
f:id:koro111koyampi:20180618102732j:image

「カルイザワカキラン」とありました。
f:id:koro111koyampi:20180618102758j:image

 館の表にカキランが咲いていましたので、比較のために・・・


f:id:koro111koyampi:20180618102835j:image

 カワラナデシコは、いつ見ても良いですね。

 華やかなのに、派手すぎることはなくて・・・


f:id:koro111koyampi:20180618102902j:image

 サワラン。トキソウと違い、しっかりとは開きません。これで全開。


f:id:koro111koyampi:20180618102921j:image

 クルマバナ。朝に散歩で見かけたウツボグサによく似ています。


f:id:koro111koyampi:20180618103000j:image

 ナツグミ

 二十歳の頃、奥日光の戦場河原で出会った感激を追体験


f:id:koro111koyampi:20180618103051j:image

 クガイソウ

 我が家のコロと出掛けた浅間山近郊の山の中、クガイソウの大群落が風にそよいでいたことが忘れられません。


f:id:koro111koyampi:20180618103126j:image

 ヒメサユリ。


f:id:koro111koyampi:20180618103156j:image

 キハギ。


f:id:koro111koyampi:20180618103233j:image

 八重咲きのドクダミ

 ドクダミの花弁に見える部分は総苞片なのですが、本当の花の部分が少なくなっていますね。

 総苞片が何層か重なるように変化したものなのでしょうか? それとも、本当の花の部分が花弁状に変化したのでしょうか?


f:id:koro111koyampi:20180618103318j:image

f:id:koro111koyampi:20180618103252j:image
 ギンリョウソウ。こんなに大きな株を見たのは初めて。

 正面の「顔」も、しげしげ見つめたことはありませんでした。栽培できるのですね。


f:id:koro111koyampi:20180618103356j:image

 ホザキシモツケかとおもったら、コシジシモツケ(越路下野)とありました。今回、道路沿いにもたくさん咲いていました。


f:id:koro111koyampi:20180618103637j:image

 イワナシの実。1センチ弱ですが、なるほど、梨によく似ています。花とは、草津白根や五箇山で何度も顔をあわせていますが、実とは初対面。

f:id:koro111koyampi:20180618103416j:image
 一巡りした後は、外山さんの絵入りのカップで、コーヒーや紅茶をいただけます。これまた絵入りの落雁付きです。

 

 この後、お庭の植物たちにも会いに行っております。

 次回、ご紹介いたします。

こやんぴのマンゴー子育て・鉢植え完了

 マンゴー1号の芽が5センチメートル越えを果たしましたので、鉢に植えつけることにしました。

 

 鉢植え作業中は、その手順を写真に撮ればよいものを、熱中し過ぎて、すっかり忘れてしまいました。

 

 鉢は、将来大きく育つことを祈念して、今現在大きく育っている株より一回り大きな鉢に植え付けることに。

 

 底石を鉢の深さの5分の1ほど入れた上に、野菜用の用土と地生蘭用の用土を半分ずつ混ぜ合わせた土を敷きました。その上に、種を片手で持ちながら、蘭用土で根から覆っていき、種が3分の1ほど土の中に隠れるようにしました。


f:id:koro111koyampi:20180617221751j:image
 水をたっぷりかけて作業終了。

 

 芽が鉢の中央に来るように植え付けたかったのですが、種の大きさに幻惑され、中心からかなり離れてしまいました。

 ま、いいや。

 いい加減なものです。

 

f:id:koro111koyampi:20180617221807j:image
 上の写真は、種の部分を拡大したもの。

 芽が複雑な形をしています。これがどんな育ち方をしてくれることやら。

 

 大きな種は、当分の間、葉と茎と根に栄養を与え続けます。鮭の稚魚が、ある程度大きくなるまで、お腹にお母さん譲りの栄養物をぶら下げているのと似ています。

 

 植物どおしの生存競争が激しい熱帯林。大きな樹木に覆われた薄暗い環境の中で、他の植物の幼苗たちよりも早く大きく育ってほしい、そんな親の願いがぎゅっと詰まっているのが、この大きな種。か細い幼苗の「食料倉庫」。

親の願いが凝縮されているのかも。

こやんぴのマンゴー子育て・頭隠して・・・

 前回の「こやんぴのマンゴー子育て・その後」は、根が伸びて寝相の悪くなったマンゴーを、どのようにお世話しようか、あたふたしたお話でした。

 

 工夫とも言えない工夫をして、最終的に、根の生えていない反対側の緑色をした部分だけ「顔」を出させて掛け布団(キッチンペーパーです。)を掛けたのでした(下の写真)。

f:id:koro111koyampi:20180616213558j:image

 親ばかそのもの・・・お笑いくださいませ。

 

 本当は旅行にも連れて行きたかったのですが、何せ赤ちゃんなものですから旅先で何かあっては大変です。泣く泣く断念しました。親ばかそのもの・・・どうぞお笑いくださいませ。

「早く芽を出せ、マンゴーの種。」

 そう声をかけ、木曜日に旅に出たのでした。

 

 旅行中も気になって、気になって・・・家に電話をかけても、マンゴーは電話にでることができません。気を揉むばかりです。

(ここで、影の声)

「旅先では、クモキリソウだ、イトトンボだ、ユースが廃墟だ、などと騒いでいたじゃないの。本当に気を揉んでたの?」

 

 ええとまあ、時々思い出して、ちらっと気を揉んでおりました(これこれ)ので、帰宅早々、マンゴーのもとへ。

 

 ありゃりゃのりゃ。

 下の写真をご覧ください。大きい種の方から、にょっきりと芽が出ているではありませんか!
f:id:koro111koyampi:20180616211856j:image

 

 私は、以前の「マンゴー子育て」のことを覚えていなかったようです。根の近くから芽が出ることを。

 

 頭の方だと思って掛け布団から「顔」を出させていたつもりが、なんと、「頭隠して尻隠さず」になっていたわけです。


f:id:koro111koyampi:20180616211914j:image

 慌てて布団の掛け直しをいたしました。

 そろそろ、鉢に植える準備が必要となりそうです。

お松の池のイトトンボ(六日町)

 六日町から松代の農舞台、松之山の美人林を回って、川越に帰ってきました。今回も、新しい出会いがたくさんありましたので、少しずつご紹介してまいります。

 

 昨日は、一日中曇りでした。


f:id:koro111koyampi:20180616204001j:image

f:id:koro111koyampi:20180616204035j:image
 八海山も頭だけしか見えませんでした。

 朝の散歩は、お松の池一周。

f:id:koro111koyampi:20180616203804j:image

f:id:koro111koyampi:20180616204208j:image

 曇りなので、スイレンの花弁の隅々に光が回り、1日前に比べ、きれいに写りました。

 

f:id:koro111koyampi:20180616204442j:image

f:id:koro111koyampi:20180616204521j:image

 ヤマウルシでしょうか? 実がたわわ。

 

f:id:koro111koyampi:20180616204648j:image

f:id:koro111koyampi:20180616204727j:image

 ウツボグサが小集団を作っていました。


f:id:koro111koyampi:20180616204905j:image

f:id:koro111koyampi:20180616204940j:image

f:id:koro111koyampi:20180616205019j:image

 サルトリイバラ(山帰来)。

 芽出しの頃のサルトリイバラは、アスパラガスに似た味とのこと。秋の赤い実もかわいいですね。


f:id:koro111koyampi:20180616205450j:image

 モリアオガエルの卵?


f:id:koro111koyampi:20180616205553j:image

 オカトラノオも咲き出しました。

 

f:id:koro111koyampi:20180616205732j:image

 ホソミイトトンボかな?

 とてもスマートなトンボです。

 飛び方もゆったりとしていて、とても優雅。

f:id:koro111koyampi:20180616210355j:image
f:id:koro111koyampi:20180616210434j:image

 色違いの個体は、別種ではなく、未成熟型なのでしょうか。こちらは、ピントが来ていません。

f:id:koro111koyampi:20180616210524j:image

 

 撮り直しのため、今日もイトトンボに会いに行こうと思っていたのですが、雨のため断念しました。残念です。

 

 午後に、小さいけれど素敵な美術館を訪ねましたが、後日の報告とさせていただきます。

六日町ユースホステルの記事について(お詫び)

 下書き途中のものをアップしてしまったようです。

 このため、途中から写真だけで、説明のない、尻切れトンボとなってしまいました。

 

 失礼いたしました。

 

 あわてて修正いたしました。

 

 温泉ボケかもしれません。

懐かしの六日町ユースホステル

 昨日から六日町でのんびりとしています。

 

 前回宿泊したとき、お松の池の近くに「六日町ユースホステル」の看板がありました。若い頃、スキーに来たYHです。けれど、雪の季節と雪のない季節では景色が違いすぎます。周辺の光景は、初めて見るのと同じ。

 お松の池からは少し距離があるのかと思い、前回は訪問しませんでした。

 

 昨日も、前回同様、宿に到着早々、お松の池周辺散歩に向かいました。

 

f:id:koro111koyampi:20180615192854j:image

 宿の窓からは、今回も八海山がくっきり。

 

f:id:koro111koyampi:20180615193445j:image

 お松の池は、ジュンサイが池のほとんどを埋め尽くしていました。ものすごい繁殖力です。


f:id:koro111koyampi:20180615193537j:image

 スイレンも咲いていました。かんかん照りの下では、花弁に明るい部分と影の部分が生じ、あまり美しく撮ることができません。


f:id:koro111koyampi:20180615193613j:image

 おおおおっ! クモキリソウ?

 ジガバチソウとも言えそうですが、縦の葉脈が目立つことから、多分クモキリソウ。


f:id:koro111koyampi:20180615193636j:image

 もう少しで開花だったのに、残念。


f:id:koro111koyampi:20180615193720j:image

 公道を挟んでお松の池の反対側には、花菖蒲園がありました。花の時期は、手入れに来ていた方のお話では、「7月になってから」とのことでした。

 でも、少し咲いています。

 私の「うん? でも、咲いてますよ。」という表情に敏感に気づいたその方は、

「間違えて咲いている花もあるけどね。あっはっは。」

 

 なるほど。すばらしい返しわざ。


f:id:koro111koyampi:20180615193819j:image

 ミゾカクシ。私の地元でも、もう少し後ならばたくさん咲きますが、この時期に見かけたのは初めて。花も大きくてきれい。

 花の形がサワギキョウに似ていると思っていたのですが、それもどおり、キキョウ科でした。


f:id:koro111koyampi:20180615193853j:image

 ナワシロイチゴを撮影していると・・・


f:id:koro111koyampi:20180615193918j:image

 セイヨウミツバチが、蜜と花粉を集めにやってきました。


f:id:koro111koyampi:20180615193950j:image
f:id:koro111koyampi:20180615194015j:image
f:id:koro111koyampi:20180615194037j:image
f:id:koro111koyampi:20180615194105j:image
f:id:koro111koyampi:20180615194132j:image
 働き者ですね。花から花へと大忙しです。

 

f:id:koro111koyampi:20180615194318j:image
 花菖蒲園の上に、りっぱな体育館が。

 バレーボール・アカデミーと書いてありますが、薄くユースホステルの文字が見えます。昔は、六日町ユースホステルの体育館だったようです。ということは、近くにユースホステルがあるはず。


f:id:koro111koyampi:20180615194231j:image

 ああ、ありました。記憶どおりの三角屋根。

 でも、様子が変。人気(ひとけ)が無いし、何となく裏寂れた雰囲気が漂っています。

 よく見ると、裏側の建物の一部が壊れています。なんのことはない、お松の池の景観を壊していた建物は、廃業した旅館ではなく、昔懐かしいユースホステルのものだったのです。ショック。

 

f:id:koro111koyampi:20180615194250j:image
 玄関から中を覗くと、色々なものが散乱していて、元利用者としては悲しい限り。玄関の張り紙で10年前に閉鎖されたことが分かりました。
 管理者は、JYHのままらしい。協会も資金難かもしれないけれど、10年間ほったらかしはよろしくないなぁ。

 

 スキーを楽しむホステラーで満員だったのに・・

 時代は変わってしまったんですね。