「社労士こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「社労士こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

雪の中の新年会、そして雪かき三昧

 地域の新年会が午前11時からありました。幹事を仰せつかっているので、9時半には会場入り。「午後から降りだす」との予報をせせら笑うがごとく、雪が早くも落ちてきました。

  

 集まる方々の多くがご高齢のため、積もってきた場合、会場入り口付近の除雪が不可欠です。私もじいじですが、今日の参加者の中では、若手、「若手」を額に入れてルーブル美術館の一画にで~んと展示するような、正真正銘の大若手です。したがって、長靴で足元を固めて重労働覚悟の会場入り。

 

 最初のうちはボタン雪なので、「これなら、お開きまで積もらないな。」と油断して、合唱や群読で盛り上がる参加者たち。

 

 すると、粉雪さんたちが、楽しそうな笑い声を聞きつけたらしく、親粉雪、子粉雪、孫粉雪、叔父叔母粉雪に従兄弟や従姉妹の粉雪が、

「みんな笑っているよ。」

「楽しそうね。」

「ご馳走もいっぱいだ。」

「私たちもご相伴に.・・・」

と連れだち、こんこん、こんこん。降っても降っても、まだやってきます。

 

 丸裸だった桜の木も純白の花を咲かせ、庭も道路も、驚いたのか色を失っていきます。

 私は脱兎のごとく、とまではいきませんが外によろよろと飛び出し、ノロノロと雪かきを開始。けれど、「雪んこ」と「こやんぴ」との戦いは多勢に無勢。年配の方たちの帰り道にもかなりの積雪が。

 

 「こりゃ、いかん。」

 カラオケで盛り上がる会場内に声をかけ、会を早々のお開きにしてもらいました。

 

  ご参加の皆さんに、

「転ばないように、ゆっくりと帰ってください。」

と声をかけつつ雪かき。

(どうやら皆さん、怪我もなくご帰宅されたようです。)

 

 家の前の道路にも雪がずんずん積もり、午後6時近くには15センチを優に越しました。50メートルほどの区間を車が通れるように雪かきをしましたが、見る間に雪たちが私の苦労を台無しにしてくれて・・・

 

 只今、筋肉痛の襲撃を受けています。

 明日の朝のアイスバーンが怖い。

 

f:id:koro111koyampi:20180122213528j:plain 

 テレビの画面を見ている限り、当地より東京の方が雪の降り方が激しかったようです。

f:id:koro111koyampi:20180122213543j:plain