「社労士こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「社労士こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

カワウ、「飲まず食わず」ならぬ「ナマズ食わず」

 本日は、池袋で朝の9時から午後6時までの研修を受けなければなりません。

 そのようなわけで、過去ネタで失礼いたします。

 

 カメラ片手の散歩は、稀にびっくりするような場面に出くわすことがあるんですね。

 

 いつものように河川敷のサイクリングロードを歩いていると、川の方からただならぬ物音がしてまいります。

 バシャバシャバシャ、バシャバシャ

 

 「何ごと?」

 音のする方を見ると、一羽のカワウが苦しそうに川面を走り回っています。

 慌ててコンデジを取り出し、光学20倍では足らずにデジタル40倍までズームアップ、そのようにして捉えたのが下の画像。

 

 近年のデジカメ技術はすごいですね。シャープさには欠けるものの、何とか手振れをこの程度に抑えてくれるのですから。

 

 実は、カワウが大きな魚をくわえていることは、その場でも分かったのですが、魚の種類までは分かりませんでした。

 家に帰ってから拡大してみると、なんと、ナマズではありませんか。

 

 で、でかい!

 これでは、カワウが飲みこもうにも飲みこめず、川面を走り回っていたわけです。

 すぐにわからないなんて、のみこみが悪いんですね、こやんぴは。

 

f:id:koro111koyampi:20180107064044j:plain

 

 それで終わらないのが、カメラ散歩の楽しいところ。

 なかなかナマズを飲みこむことのできないカワウの傍らに、ダイサギが優雅に舞い降りてきたではありませんか。

 

 「カワウさん、なんなら私が食べてあげてもいいんですよ。」

 ダイサギさんは、大柄な体に似合わない優しい声掛けでもしたんでしょうか?

 でも、カワウさん、遠くに住む息子さんから「おかあちゃん、サギには注意だからね。」と言い聞かされているのか、とんとその気は無い様子。

 ナマズを咥えたまま、逃げまどいます。

 

 すると、ダイサギさん、羽をいっぱいに広げての威嚇行動。

 優雅な姿のダイサギさん、世間での人気はカワウさんとは比較にならないくらい高いのですが、その人気を裏切る振る舞いではありませんか。

f:id:koro111koyampi:20180107064051j:plain

 時間が迫っているので結論を急ぎます。

 

 結局、ダイサギさんはあきらめ飛び去っていき、カワウさんは食事にありつくことができたのでした。

 

 「ナマズ食わず」は免れたという一席、最後までのお付き合いありがとうございます。

 

 さあ、研修に出発します。研修の内容をよくのみこんでくることといたします。