「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

蟲愛づる「こやんぴ」

二日連続の秋晴れ・・・にしては暑い、暑すぎる

16日の午後 昨日は、午後、晴天になりました。 上空は秋。清々しそう。でも、地上はまだ夏。暑かったですね、昨日も。 《 坂道ダッシュをしたいところですが、最近、体力が落ちてしまったなぁ。 》 《 いろいろな形の雲が浮かんでいました。見ていて飽きませ…

アキアカネの交尾と産卵

私、どうも、昆虫の交尾に出くわし過ぎ。 しかも、それを写真に撮ったうえに、「当事者」の了解も得ずにブログにアップするなんて・・・。 昆虫たちにとっては、「虫の恋路を邪魔する奴は・・・。」の部類。 で、今日はどうしたの? かと言うと・・・ 朝、水…

フクラスズメの幼虫のブレイクダンス

フクラスズメは雀ではない 「ふくらすずめ」と書くと、冬の寒さから身を守るために雀が翅の内側に空気を蓄え、ころころとした姿になる「福良雀」のことだと思いますよね。ダウンジャケットを着こんで寒さに耐えているように見える雀たち・・・可愛らしい! …

オミナエシを訪れたドロバチ科とツチバチ科のハチ

今日から明日まで、学生時代のゼミ仲間が群馬県の長野原に集まります。 宿泊先が宿泊先なので、通信環境がちょっと心配。 そこで、本日分は、朝のうちにアップさせていただきます。状況が良ければ、旅先の情報もちょっとだけご報告したいと思っています。 そ…

コアシナガバチの巣 無惨

ついに、コアシナガバチの巣の運命は風前の灯となってしまいました。 働き蜂の数が急減してしまいました。残っている蜂の中で目立つのが、まだ脱皮したばかりの若い蜂。見習うべき先輩の数が減ってしまったので、おろおろしていて、作業にまるで身が入ってい…

ジャコウアゲハ(メス)の滑空?

下手なシャッターも数切りゃ写る、と申します。 本当は、下手な鉄砲も数撃ちゃあたる、ですけれどね。 一昨日の朝散歩の際に、ジャコウアゲハの雌に出会いました。 ちょっと見にはキアゲハのようですが、ジャコウアゲハの方がずっと地味。 悠然と飛び回るば…

アシナガバチの受難、その後

昨日までは、ヒメスズメバチの襲撃を受けているアシナガバチを「フタモンアシナガバチ」と記していましたが、巣の形状とハチの体長から、「フタモンアシナガバチ」より少し小型の「コアシナガバチ」であることが分かりました。 (過去の記述も訂正しました。…

ああ、アシナガバチの巣が・・・

これは、8月下旬のコアシナガバチの巣の状況。 多くの蛹が孵化し、働き蜂となって密集して活動しています。とても元気のあるグループに育ちました。 ところが、今日、水撒きをしていたら、この巣に近づく怪しい影が・・・。 ついに恐れていた事態が生じてし…

貧乏蔓(ヤブガラシ)に集う金満家

ヤブガラシ(ブドウ科ヤブガラシ属)は、生育力旺盛な草本植物です。 他の植物に絡まりつき、太陽の光を奪うことによって絡みついた植物を枯らしてしまう、というので「藪枯らし」。 庭にヤブガラシを放置したままにしておくと、雑草の手入れをしていない貧…

寒い蓼科で出会った妖精たち

昨日の蓼科は、雨の一日。 気温もぐっと下がって、長袖に着替えてもまだ寒い。 バラクラの庭にも人影はなく、私たち夫婦への貸切状態。 昨日は、ダリアとキレンゲショウマをご紹介しましたが、「高貴な妖精」達から思わぬ「接待」を受けることができました。…

蛾とは思えない蛾と、蛾のような蝶

今朝の散歩で見かけたチョウとガ。 まずは、これ。 ガやチョウというよりも、ハチみたいだと言う人も。黒い身体に黄色い帯があることからの連想かもしれません。 実際、フタオビドロバチに擬態しているという説もありますが、フタオビドロバチは胸部と腹部の…

雨の止み間にプチ散歩 奇怪なアケビの花に遭遇

一昨日から、大気が不安定で、ちょくちょくにわか雨が降ります。 水やりをしなくても済むのでとても楽ちんなのですが、庇の下の鉢には水をあげる必要があります。 散水栓のすぐ脇にあるフタモンアシナガバチの巣は、働き蜂が増えて満員御礼状態です。繁栄し…

ジャコウアゲハとクロアゲハ

さて、どちらがクロアゲハで、どちらがジャコウアゲハ? クロアゲハは、毒を持っているために鳥たちに敬遠されるジャコウアゲハの姿に似せることによって、毒を持っていないくせに「有毒危険」のふりをしているのだとか(ベイツ型擬態)。

眼科医で受診 その後で

この間、「はやり目」患者の疑いを被り、ちょっとつらい目に遭った眼科医の予約が入っていました。 妻が、 「何時の予約なの?」 と聞くので、 「午後4時25分。」 そう答えました。妻の感想は、 「ずいぶん刻むのね。」 私もそう思います。分刻みの予約体制…

色気より食い気のカブトムシ

今日の川越は、台風の遠い影響を受け、晴れたと思ったら、突然の大雨、それも数分で再び晴れ、また曇ってきて・・・の繰り返し。やや強い南風も吹いています。 朝の散歩の際は、幸い、雨に降られることはありませんでした。 ピントの甘いのはご容赦を。カラ…

ミヤマカラスアゲハの艶姿 一挙公開

7月31日に、上信道下りの横川SAに寄ったとき、ミヤマカラスアゲハに出会ったことはすでに記しました。 その時に撮影したミヤマカラスアゲハの写真、不出来な分も含めてアップさせていただきます。 (トリミング、露出補正、コントラスト補正をしています。…

コアシナガバチの増築作業

コアシナガバチの働き蜂たちは、芋虫などの餌を狩るだけが仕事ではありません。自分たちの巣の増築作業も大切。 卵は、浅い巣に産み付けられますが、幼虫は何度も脱皮し少しずつ成長していきます。 幼虫の成長に合わせ、巣を長くしていく必要があるのです。 …

コアシナガバチの給餌行動 幼虫が顔を出します

一昨日、他地域の盆踊り大会で、当地域の子どもたちが太鼓をたたくので応援に行きました。その際、カメラのISО感度を目いっぱい上げて撮影しました。 昨日の朝は、それを忘れて高感度のまま、ジャコウアゲハなどの撮影をしてしまいました。色がおかしいと…

ジャコウアゲハの雄

一昨日の夜間撮影のためにISO感度を目一杯上げて撮影したことを忘れ、昨日の夕方、そのままアゲハを撮ってしまいました。 画面が粗くなってしまいましたので、明日、再挑戦してみます。 (今日は一日病院です。)

ジャコウアゲハの雌

今朝の散歩で、ジャコウアゲハを一頭見つけました。 ジャコウアゲハのために雑草狩りをおこなわない場所があるので近づいてみると、たくさんのジャコウアゲハがゆったりと舞っていました。 しまった! ファインダー付きのデジカメを持ってきませんでした。朝…

シオカラトンボの産卵 イトトンボとはちょっと違って

シオカラトンボの撮影は、イトトンボに比べると格段に難しいですね。 もちろん、草やロープなどの上で翅を休めているときは別ですが。 川越水上公園の修景池の立入規制ロープが好きなシオカラトンボ。よくとまっています。雄のシオカラトンボを雌かもしれな…

美味しい「紫蘇巻き」みたいな葉巻き虫

旅行中です。 草津におりますが、昨日、軽井沢での見かけた「紫蘇巻き」をご紹介いたします。 追分宿の「一歩」さんに寄ったところ、脇を流れる水路に向かって、アカソ(イラクサ科)数株が垂れ下がっていました。渋い桃色の花を咲かせています。 あれ、でも…

最初からミヤマカラスアゲハ 御代田~軽井沢~草津周遊(予告編)

朝早く家を出ました。 まずは、御代田の大谷地鉱泉に寄り、その後、軽井沢の知人宅へ。 今日は軽井沢と御代田の境付近に宿をとり、明日は草津に向かいます。草津でも一泊し、温泉を堪能するつもり。 上信道の横川SAで本日最初の休憩。 横川SAは、最近、…

蜘蛛の巣の朝の輝き

朝の散歩で見かけた蜘蛛の巣。 逆光を浴びて虹色の光を放っていました。 でも、コンデジでは十分に表現しきれませんでした。 大幅なトリミングを敢行し、コントラストを上げて・・・ 肉眼で感じたイメージに少しは近づきました。

昨日は、月に1回の句会でした。結果は・・・

東京のお盆から10日遅れのお盆で来客対応、お施餓鬼にお寺の世話人として参加、8月3日の地元盆踊りのための踊り練習などなど、何かと忙しいこやんぴなのであります。 ああ、それなのに、それなのに、月に1回の句会の日、7月27日は容赦なくやってまいりまし…

セスジイトトンボ(?)の結婚から出産まで

南魚沼市六日町のお松の池にて。 セスジイトトンボ(?)の雄はコバルトブルー(1枚目の写真)、雌はライトグリーン(2枚目の写真)。 伴侶ができると、雄は雌を尻尾の先の器官でがっちりと捕まえ、飛ぶ時も、止まる時も仲良く一緒(2枚目)。 これを交尾…

六日町の2泊「湯治」を終え帰宅

川越に帰ってきました。 今日、六日町でそこそこの収穫があったので、帰宅後にその情報をアップしようとしていたところ、薬の副作用が遅れて出てきて、夜、ちょっと「あらら」の事態に。 ということで、詳細の報告(六日町での収穫のこと。「あらら」は秘中…

不安定な天気 不安定なプリンタ 句会は・・・不安

晴れていたと思ったら、急に曇ってきて、雨がぱらぱら。 傘はいらないな、そう思って傘を出さないでいると、バケツで頭から水を掛けられたような土砂降り。そして、嘘のような晴れ上がり。 今日は、天気がかなり不安定。 これも困りものですが、我が家のプリ…

ネジバナにへばりつく虫を無視できず

昨日のブログに登場したネジバナの花の先端で戯れる小さな虫、無理を承知でトリミングしてみました。 「君の名は?」 《 ここから追加情報 》 どうやら、アザミウマの仲間のようです。ネギアザミウマなど、アザミウマの仲間は、「野菜類の害虫」とのこと。 …

ネジバナのまだない原にツバメシジミ

やっと痒みから解放されました。 それに加えて、今日は梅雨の晴れ間。 ネジバナを探しに、入間川の堤防上の小公園へ出かけてみました。 丹念に、丹念に探し回りましたが、今年はまだのようです。 あきらめて帰ろうとしたら、ツバメシジミの雄がシロツメクサ…