「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

毛虫、芋虫の嫌いな方はご遠慮を 黄色い芋虫

地元の自治会館のヤマブキの木に、黄色い芋虫が付いています。 気になったので(「黄になった」の駄洒落ではありません。)写真に撮り、今まで、ネット上でどの昆虫の幼虫なのかを検索し続けたのですが、ぴったりの昆虫に行きあたりません。 それじゃあ、写…

オリンピックの前に「盆おどりんぴっく」がやって来る

昨晩のブログを読み直してみました。 あっちゃあ、ひどい内容。内容がないよぉ。 (おやおや、今日も内容が無くなりそうな予感。) 実は私、今、とても忙しいのです。「昨日酔っ払っておきながら何を言うか」、そうお思いでしょうが、それはそれ、忙しいので…

カレー好きの彼の華麗ならざる加齢の辛さ

今日は、久しぶりに陽が射しました。 それで浮き浮きしたというわけではないのですが、今日の午後、昔の勤め先の会合でお酒に呑まれてしまいました。 そんなわけで、今日は、くだらない話となります。まぁ、いつものことですが。 意外かもしれませんが、私、…

それじゃあ保護色にならないよ、カマキリ君。

昨日は、紫蘇ジュースについて記しましたが、そう言えば、数日前の朝散歩で赤紫蘇の上にカマキリを見つけたことを思い出しました。 まだ、体長5センチメートルほどの幼虫。当地でカマキリといえば、オオカマキリかチョウセンカマキリの場合が多いのですが、…

紫蘇ジュース

妻の友人が遊びに来ました。 雨降りでなければ、自然散策をするところですが、あいにくの天気。 仕方がないので、ワインを飲みながらの長い長い昼食。 昼食後は、女二人の、昼食よりもさらに長いおしゃべりタイムとなったので、久々のワインで眠くなってしま…

クサグモの棚網は宝石箱

昨日アップした写真のうちの一枚。 コンデジでピントが甘いのにもかかわらず、無謀にも大幅なトリミング加工を施してみました。 お茶の木に張られたクサグモの棚網です。 クサグモは、棚網の奥の巣の前に控えて獲物が棚網にかかるのをじっと待っています。 …

シロソウメンタケが生えていました

今朝の散歩は、キノコをいっぱい見かけました。 持参したカメラがコンデジで、かつ、無造作にとったために、何枚もの写真がとてもみられる状況ではなく、すべてのキノコをご紹介できません。 アップしたキノコの名前も、まだ、大部分が不明のままです。 (図…

地元シニアの青梅バス旅行(後編)

中編でご紹介した「食い逃げ」トラブルは、私たちメンバーの食事代は私たちの会計が支払い、旅行会社分は旅行会社で支払うということが宿側に理解されていなかったからのようです。 確認したい宿側からの声掛けに配慮が欠けていたために、旅行会社の社長さん…

地元シニアの青梅バス旅行(中編)

「澤乃井のお酒をもう一杯試飲したかったなぁ」と未練たらたらのこやんぴを乗せたバスは、そんな未練などお構いなしに、青梅市の中心街へと向かいひた走ります。 昼食は、「公共の宿」の部類に属する宿で頂くことになっていたようです。「公共の宿の部類」と…

地元シニアの青梅バス旅行(前編)

昨日、地元シニアの集まりのバス旅行に参加してきました。 コースは、まずは、東京都青梅市郊外に立地する酒蔵見学ツアーと、その後の試飲(わくわく)。その後、青梅市の中心街に移動し、昼食を済ませた後、富豪が戦前に建てた豪邸を見学するという内容。 …

キンギョモの花

我が家でお世話になっているお寺に、ちょっとした用事で出かけました。 玄関脇の睡蓮鉢には、副住職が飼育されているメダカがいるのですが、その鉢から何か白いものが飛び出しています。どうやら水草の花のようです。 近寄って見てみましょう。 メダカさんが…

平将門に会いに行く

神田明神で「御神像奉納記念・特別公開 平将門公展2019」が7月1日から開かれています。 今回の特別展は、淺野健一さんの作られた「平将門命御神像」が神田明神に奉納されたことを記念するもの。神像は、通常、神殿に安置され、一般拝観できないとのことなの…

「外山康雄 野の花館」これまたびっくり

出し惜しみしたわけではなく、昨日、一緒にアップするのを忘れてしまった花がありました。 この花がそれ。 実は数日前に、何の説明もつけず写真だけアップしていたので、紹介もせず忘れてしまうなんてとんでもないことでした。 蕊の天真爛漫なダンスが何とも…

「外山康雄 野の花館」で出会った珍妙な花

今週の日曜日から火曜日まで、南魚沼市に滞在しましたが、中日の月曜日に、またまた「外山康雄 野の花館」を訪れました。 野の花館は、関越自動車道の塩沢石打インターチェンジを出てすぐの所にあります。 建物からして素敵です。地元の旧家を移築したものな…

お松の池周辺の花 その2

旅館のすぐ近くの休耕田の中にコウホネ(スイレン科コウホネ属)の花が咲いていました。 池の中に咲いているコウホネを見慣れていたので、今回の、根元まで水の上に出て咲くコウホネとの出会いは実に新鮮。来年の年賀状に使う「昨年出会った花、キノコ、鳥、…

お松の池周辺の花 その1

クモキリソウ(ラン科クモキリソウ属)。 針葉樹林の端にひっそりと咲いています。派手さはありませんが、毎年会いたい大好きな花です。 オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)。 梅雨の時期なのに、いえ、だからこそ爽快感を感じることのできる清らか…

セスジイトトンボ(?)の結婚から出産まで

南魚沼市六日町のお松の池にて。 セスジイトトンボ(?)の雄はコバルトブルー(1枚目の写真)、雌はライトグリーン(2枚目の写真)。 伴侶ができると、雄は雌を尻尾の先の器官でがっちりと捕まえ、飛ぶ時も、止まる時も仲良く一緒(2枚目)。 これを交尾…

六日町の2泊「湯治」を終え帰宅

川越に帰ってきました。 今日、六日町でそこそこの収穫があったので、帰宅後にその情報をアップしようとしていたところ、薬の副作用が遅れて出てきて、夜、ちょっと「あらら」の事態に。 ということで、詳細の報告(六日町での収穫のこと。「あらら」は秘中…

六日町(新潟県南魚沼市)から

六日町2日めです。 早朝までかなりの雨降りでしたが、午前6時をまわる頃には止みました。 日本の温泉旅館の食事は品数が多すぎて食べきれず困ることがあります(そうは言いながらも、こやんぴは生来の貧乏性なので、大抵食べきってしまい、「もう食えねぇ…

今日から六日町

六日町の宿にいます。今日から2拍。 午前中は、地元の集金業務に従事。お昼頃に家に帰り、すぐ出発する予定でしたが・・・ 記録と現金が合わないというのです。しかも、100円とか1000円とかいったレベルではなく、10万円も不足するとか。合わなすぎだよ、そ…

小学生の球技大会の応援に

地元の小学校の球技大会がありました。 盆踊り練習やワークショップに参加してくれた子たちが出場するので、応援に出向きました。 体育館内で行うソフトバレーボール。 体育館前のプラタナスの木に、実がたくさんぶら下がっていました。 和名が「鈴懸けの木…

副作用でへたっていたのに筋肉労働のこやんぴ

昨日は、誕生日なのに、通院日でした。 今回は、いつもより少しばかり副作用がきつく、今朝は、何かと力が入らない状況。 (それもあってか、このブログを後で点検したら誤字脱字のオンパレード。今、慌てて修正中。) 午前10時を回ったところで、「はた」と…

いずれがアヤメ、カキツバタ

このセキレイは、お腹が白いのでハクセキレイでしょうか? それとも、背中が黒いのでセグロセキレイでしょうか? 答えは・・・ ハクセキレイも、セグロセキレイも、よく似ています。 生息場所も、体の模様も、動作も、ほぼ同じ。 ですから、遠くからだと「い…

かわいそうですが特定外来生物を退治

一見、華やかな花を咲かせる小さな株。 まさか10センチメートルほどのこの株が、放置すると驚異的な繁殖力で、あったいう間に群落を形成するようになるとは思いもしませんでした。日本古来の生態系に極めて由々しき影響を与えるということで、特定外来生物に…

絶滅危惧種かと思ったら特定外来生物

ドジョウとタニシの写真を撮りに行ったら、水路に草丈10cmほどの小さな花が。 オオイヌノフグリが属するオオバコ科クワガタソウ属の花の特徴を持っています。もしかしたら、貴重なカワヂシャ? そう思って、何枚か写真を撮って、拡大して確認したところ・・…

こやんぴ、意外や意外、コンサートへ

昨日の午後は、東京オペラシティの「休日の午後のコンサート」に出向きました。 元々クラシックには暗いので、指揮者のチョン・ミンさんのことは知りませんでした。チョン・ミョンフンさんに名前が似ているなぁ、と思ったら、親子だったんですね。若いことも…

こやんぴが滑って転んでおお痛た

朝、恒例の散歩に出かけ、道路を横切ろうとした途端の出来事。 踏み出した私の右足がしっかりと地面を踏みしめ、次の一歩を左足が刻む準備を整える・・・はずでした。 ところが、固定されるべき右足が左側に十数センチ横ずれしたのです。当然、私の体は右斜…

不安定な天気 不安定なプリンタ 句会は・・・不安

晴れていたと思ったら、急に曇ってきて、雨がぱらぱら。 傘はいらないな、そう思って傘を出さないでいると、バケツで頭から水を掛けられたような土砂降り。そして、嘘のような晴れ上がり。 今日は、天気がかなり不安定。 これも困りものですが、我が家のプリ…

ネジバナにへばりつく虫を無視できず

昨日のブログに登場したネジバナの花の先端で戯れる小さな虫、無理を承知でトリミングしてみました。 「君の名は?」 《 ここから追加情報 》 どうやら、アザミウマの仲間のようです。ネギアザミウマなど、アザミウマの仲間は、「野菜類の害虫」とのこと。 …

腹ばいで虫に刺されつネジバナ撮影

昨日、ネジバナを撮影してきたのですが、今日もまた撮ってきました。 昨日も今日も、そよ風が吹いていて心地よいのですが、ネジバナクラスの小さな花にとっては、微風ですら強風。花茎がふらふら揺れて焦点が定まりません。 その上、薬の副作用でへたってい…