「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

ヒガンバナ満開の入間川河川敷

川越は、今、ヒガンバナが満開です。 入間川河川敷の川越水上公園未整備地区は、エノキ、ムクノキ、クヌギなどの落葉樹、シロダモなどの常緑樹の混交林となっています。省力型の草刈りが実施されるため、次の世代となるべき幼樹まで刈り取られてしまうので、…

もやし? ロウソク?

これ(下の写真)は何でしょう? 植物が芽を吹いたのか? 誰かがもやし栽培を始めたのか? もう少し近寄ってみましょう。 植物の芽吹きだとしたら、頭に葉っぱの赤ちゃんが乗っているはずですが、有りませんね。もやしも、天辺に豆が有るはず。そもそも、も…

ヘブンアーティストのオカリナ演奏

《 本日、9月16日は、森麻季さんのコンサートでした。 》 東京オペラシティのコンサート終了後、京王新線に乗るためにオペラシティの地下1階にあるサンクスガーデンまで降りたところ、ちょうど、東京都公認のヘブンアーティストの一人がハーモニカ演奏を…

秋の秩父日帰り旅行の下見に

雨の中、秩父へ 10月末に、地元の会の日帰り旅行があります。 今日は、幹事一同でその下見。 朝から雨が降り、もともと、 「別に、下見に行かなくっても・・・」 と思ってテンション低めのこやんぴは、余計に行きたくない気分。集合場所に行く足取りも重い…

散髪してきました。ということは・・・

本日、散髪してきました。すっきりしました。 眉毛も、八時二十分から55分進んで、九時十五分になりました。 「きりっとした」とまでは言えませんが、少なくとも、「とほほ顔」からは脱却したと思います。 「ということは、もしかして、ひょっとすると、こや…

カラスウリにも遅速あり。こやんぴは遅遅ありて・・・

子どもの頃、熟したカラスウリでままごと遊びをしたことがあります。 「ただいまぁ。今、帰ったよ。」 お父さん気分で、家に帰ります。 本家の広い中庭に敷いたゴザが、玄関であり、茶の間でもあります。 近所の女の子がお母さん役、私の弟と妹が子ども役で…

これってヒガンバナなの???

今年は、昨年に比べるとヒガンバナの開花が遅れています。 去年の写真を見ると、この時期、ヒガンバナはもう満開。でも、今年は、やっと咲き出したところです。 昨年の9月前半、川越は晴れの日が多く、雨の日はありませんでした。それに対し、今年はぐずつ…

チュウサギではなく、ダイサギのようです

数日前の朝散歩の際、川越水上公園の修景池の中で、アオサギと「チュウサギ」が向き合うようにして佇んでいた、と書きました。 今朝は、アオサギはいませんでしたが、「チュウサギ」は、ほぼ同じ場所でじっとしていました。同じ個体かどうかは分かりませんが…

鹿火屋さんの芋串とは?

《 かびや、と読みます。 》 《 薄暗かったのでぶれてしまいましたが、鹿火屋さんの名前の由来は、上の写真のとおりです。 》 昨日の伊香保行きの際に立ち寄った鹿火屋さんの名物、芋串についてご質問があったので、お答えしておきます。 芋串とは、芋を串に…

鹿火屋さんにまた行きました

こやんぴ、自分では「元気がない」というわりには、けっこう出歩いています。 今日も今日とて、妻が、 「一日中フリーの日は、今日を逃すと当分ない。」 と言うので、伊香保に行ってきました。 駒寄Pがスマートインターになっているので、そこから出ようと…

コンサートの後で

休日の午後のコンサート 東京フィルハーモニー交響楽団の「休日の午後のコンサート」に行ってまいりました。 円光寺雅彦さんがタクトを振るわれるとともに、ソフトな語り口で、我々を笑わせたり、「へぇ、なるほどぉ、後で友人に自慢しちゃおうっと。」と思…

ロシア × アメリカ= 秩父?

川越が巨峰やシャインマスカットの産地であることをご存じでしょうか? 入間川の両岸沿いに、住宅地と混じりあうようにして、ブドウ畑が点在しているのです。当家は、このうちの一軒から、友人たちにブドウを送るのが習慣になっています。 ささやかな8月の…

南方系のキノコが・・・温暖化?

倒れたソメイヨシノの木、その後 一昨日、台風21号の強風で倒れたソメイヨシノの木について触れたところですが、今日確認したところ、公園管理者の手で伐採されていました。 もう一度正立させることはできなかったようです。 《 一昨日の朝の状況。哀れ。 …

水に浸かったツルボたち

昨日の朝散歩については、すでに、台風21号が川越を直撃しなかったにも関わらず、樹木が台風による強風被害を受けたことを記しています。 koro111koyampi.hatenablog.com 公園を一回りして、修景池の端に生えているツルボを確認に立ち寄ったところ・・・ …

やはりハナオチバタケのようです。多分ですが。

今朝の散歩で、オチバタケが「ハナオチバタケ」なのか「ハリガネオチバタケ」なのかを確認してきました。 襞の数の「~15」が「ハリガネオチバタケ」で、「16~」が「ハナオチバタケ」という尺度でいうと、今朝数えたところでは16以上なので、一応、「…

台風21号、川越でもソメイヨシノを・・・

テレビで台風21号による関西地方の大被害を知りました。 想像以上の風の猛威には驚くばかりです。 皆様のところは、大きな被害はなかったでしょうか? 関空は、交通アクセスに甚大な被害があったことから、元通りの状況に戻すためには、かなりの技術と時間…

朝散歩で憧れのキノコに

ここ数日、やっぱり、体調がいまいち。薬の副作用か? な~んにもする気が起こらないのを、なんとか奮い立たせて過ごしています。 今朝は、台風接近にも関わらず、雨が止んでいたので、川越水上公園地内をぶらりと回ってきました。 公園に入る前の細道に、セ…

軽井沢博物散歩 昆虫編

トックリバチ 昨週の軽井沢行きは、以前にも記したとおり、植物や菌類、昆虫の観察がメインの目的ではなく、かつ短時間だったので、成果の乏しいものでした。 特に、昆虫は貧弱ですが、敢えて、当日、出会った順にご紹介します。 軽井沢銀座から万平ホテル方…

軽井沢博物散歩 キノコ編(続々)

「軽井沢博物散歩 キノコ編(続き)」で、地面から生えた「チャハリタケ(多分)」を「テニスコート近くの路上で見かけた」旨の記述となっていました。 けれど、これは記憶違いで、万平ホテル裏手の別荘地の庭に生えていたものを路上から撮影したことが、写…

軽井沢博物散歩 キノコ編(続き)

万平ホテル裏手の別荘地の地面から顔を出したこのキノコ・・・ サルノコシカケに似ていたので、地上から生えたのではなく、誰かが木に着いたキノコを掻き落としたのか? 昨日は、そんなふうにも思いました。 でも、木の上から転げ落ちたキノコが、見事に傘を…

軽井沢博物散歩 キノコ編

昨日の体調不良は、昼食時の牛乳早飲みが原因だったかも。 取り敢えず、体調は回復しました。 先週金曜日の軽井沢滞在は数時間。そのうち、食べたり、飲んだりが3分の2、残りの3分の1の大半を軽井沢銀座のブラブラ歩きで使ってしまいました。したがって、…

ナツノハナワラビ・・・

薬の副作用なのか、昼食時の牛乳早飲みの影響なのか、体調が下降ぎみ。 昨日の軽井沢で見かけた植物の写真、ちょい出しのみで失礼いたします。 《 ナツノハナワラビ 》 《 イチイの実 》 《 フシグロセンノウ 》 《 オミナエシ 》

旧軽井沢の「涼の音(すずのね)」

軽井沢に日帰りで行ってきました。 お目当てのレンゲショウマは、少し最盛期を過ぎていましたが、今年も大群落を成し、それはそれは見事でした(大人の事情があり、写真はありません。) お昼は、川上庵でお蕎麦。 川上庵には軽井沢への出店早々の頃に、今日…

ヤマゴボウと山ごぼう

鮮やかな花茎 ヨウシュヤマゴボウの実が色づいてきましたね。 あっ、いけない! この段階で、色づいてきた実を撮るのを忘れていることに気付きました。後ほど、補充します。 (アップ前に補充する予定でしたが、バッグを替えて外出し、帰宅して家に入ろうと…

狐の胡麻では無いわいな

「オタマジャクシはカエルの子、ナマズの孫ではないわいな。」 はい、知っております。姿形こそナマズによく似ていますが、やがて、手が出て足が出てしまいます。「あたし、ナマズよ!」と称して詐欺を働こうとしても、すぐに「足が付く」わけです。 《無く…

空中で捕獲した蜂を食らう

シオカラトンボが葉の上に留まったので、慌てて撮影。 骨休めの「着陸」ならぬ「着葉」と思っていたのですが、何か虫を抱えているのが分かりました。食事の時間だったようです。 日射しの部分と日陰とのコントラストがきつすぎたため、トンボが白とびしてし…

稲光のトリミング写真

昨晩、百枚は撮った積乱雲の写真の中で、稲光が撮れたのはたったの一枚。 よく見ると、落雷となったと思われる2本の稲妻の他、積乱雲が明るくなった所から水平に走り始めた稲妻が写っていました。 時々報道写真に使われるような見事な稲妻には程遠いのです…

稲妻撮影に四苦八苦

夕焼けに出遅れました。 ほんの少し前まで茜色の化粧を施していた雲たちは、すでに消し炭と化し、しばらくすれば雲散霧消することでしょう。 でも、捨てる神あれば、拾う神あり。東北の空に、積乱雲が大きく成長を遂げていました。頂点が金床(かなとこ)状…

吉兆がやって来た!

台風20号本体からは遠い埼玉でしたが、大型台風だったため、強風圏内には長く留まりました。このため、雨ばかりではなく、解体中の隣家から木っ端がたくさん降ってきました(薄いベニア板ばかりだったので、実害はありませんでした。)。 それにしても、滝…

そばの郷 Abuzaka(十日町)

今夜も、蕎麦のお話。 今年の夏の五箇山、六日町の旅は、叔母の元気な姿を見ることができたこと、チョウトンボの艶やかな姿を確認できたことなど、実に充実した旅となりました。 旅の締め括りに立ち寄ったのが、十日町の「そばの郷 Abuzaka 」。 六日町から…