「こやんぴ」のぶらりお散歩ブログ

お散歩大好きの「こやんぴ」が、ふと出会った植物や動物たちについて思いつくままに記していきます。

季節外れのオオイヌノフグリ

早春の宝石、オオイヌノフグリが、小春日和を春と間違え咲いていました。 一日花なので、朝に開花し、夕方には散っていきます。 花弁の中に見える青紫色の二つの「腕」は、雄しべ。 この写真ではよく見えませんが、両腕の真ん中に雌しべがあります。 雄しべ…

黄色いブラシの木

黄色いブラシって、木に生るんですね。 ホームセンターで売っていたんじゃないんだ。 と言いたくなるほど、ブラシに似ていますね。 フトモモ科のブラシノキは、以前から知っていましたが、それは赤いブラシノキ。 黄色いブラシノキを見るのは初めてですが、…

熱海で見かけた紅白のイタドリ

今月の12日、ゼミ仲間4人で熱海の海岸に向かって石段を降りていくと、階段を降りきった一番下の傍らに、季節外れのイタドリの花が咲いているではありませんか。 しかも、紅白でとても綺麗。 もう少し、寄った写真も撮っておくべきでした。 普段使いのコンデ…

「掃き溜めに鶴」ならざるキク

この花は、とても小さな花で、直径5ミリメートル前後。 真っ白な舌状花が5つ、その一つ一つに切れ込が生じ、「山」の字に似ているのが可愛らしいですね。頭状花のつくりだす蜂の巣状の模様もおもしろい。 北アメリカからやってきたキク科の可憐な花。 この…

鎌倉、江ノ島、そして熱海(11月11日)

腰越へ 藤沢駅で東海道本線の列車を降り、花屋さんに寄りました。 華やかめの仏花をアレンジしてもらい、江ノ電乗り場に急ぎます。 日曜日の江ノ電乗り場は、相変わらずの大混雑。列車の到着を待つ人々の顔は、ランチやハイキング、寺社巡りに対する期待で、…

真鶴駅近くの鶴寿司

昨日、今日の旅行のリポート、昨日から始めるべきところ、今日のお昼に伺った鶴寿司から始めます。 鶴寿司は、湯河原にあった小さな旅館の素敵な女将さんから教えられた店。 その旅館が、突然、思いがけない事情でなくなってしまったのは残念でなりません。 …

東海道線の車窓から

根府川付近。海がきれい。 今日は、「小雨で寒い」とする天気予報が良い方に外れ、晴れて温かく過ごしやすい日となりました。 昨日からの「友人の墓参兼ゼミ仲間会合」は、真鶴の鶴寿司で美味しいお寿司をいただいで、無事、すべての予定が終了しました。 東…

センダンの黄葉と色づく実

センダンの葉が黄色く色づいてきました。 実も少しずつ黄色味を増して、葉が落ちた後の主役たるべく準備に余念がありません。 冬の真っ青な空に、センダンの黄色い実のいかにマッチすることか。 「この美、食べられますは?」 よく聞かれますが、有毒です。…

季節外れのジシバリとホソヒラタアブ

今日から、地元自治会のイベント。 昨日は、その準備で肉体労働。 体力の弱っているこやんぴは、かなり疲れました。体力だけが取り柄だったのになぁ。取り柄がなくなっちゃいました。 今日は、そのイベントの当番をした後、床屋さんで、もっさもっさの頭をさ…

穭田(ひつじだ)や溝なる蕎麦に数珠の珠

穭田(ひつじだ)や 私が生まれて育ち、今も住んでいるのは、川越市郊外の水田地帯。 今、田んぼでは、このような光景が広がっています。 穭田(ひつじだ)と言います。 稲を刈り取った後、その切り株一面に、青々とした稲がふたたび生え出た田んぼのことで…

ノゲシ 3兄弟?

ノゲシ(ハルノノゲシ) 秋です。しかも晩秋。 いえいえ、昨日が立冬だったので、暦の上では、もう冬です。 ああ、それなのに、それなのに・・・昨日、立冬の日の私のブログタイトルは、「ちっちゃな秋、みぃつけた!」。タイムリーエラーですね。 まぁ、そ…

ちっちゃな秋、みぃつけた!

3日ぶりの晴れ。 青空は、やはり、気分が良いものです。 コセンダングサ(アイノコセンダングサの可能性も)の痩果(そうか)。そうか、もうすぐ完熟し、犬や人間に引っ付くんだな。 台風で吹き飛ばされなかったソメイヨシノの葉も、かなり散りました。 フ…

地元のうなぎの老舗へ

数日前の外食は、お店選びの失敗から、さんざんな結果に終わりました。 今夕、リベンジというわけではありませんが、地元のうなぎ屋さんに出かけました。 木造三階建ての情緒溢れる店構えです。 川越にうなぎ屋さんは数々あれど、ここは三本の指に入る名店。…

さんざんの外食

コンサート後の夕食 昨日は、初台のオペラシティで、昼のコンサートがありました。 14歳の天才チェリストの演奏に大感激。 余韻に浸りつつ、早めの夕食を新宿でとることとしました。 私は今、牛肉も豚肉も控えているので、鶏肉料理か魚料理、あるいは野菜…

甌穴(おうけつ)のこと

甌穴(おうけつ)? なんじゃそれ? ごもっともです。そもそも、「甌」の字なんて、書けませんし、読めません。 でも、四万温泉に車で行ったことのある方なら、寄る寄らないは別にして、 「甌穴入口」 の看板を見かけたことがあるのではないでしょうか。 埼…

ルリタテハの蛹化と羽化

我が家のタイワンホトトギスは、今、満開の時を過ぎ、次々と実をつけています。 我が家の庭では、殺虫剤を使用しないので、毎年、この時期になると、タイワンホトトギスも、ビオラ・ソロリアも、同じタテハチョウ科の幼虫によって、丸坊主にされてしまいます…

鳩ノ巣渓谷の「サルオガセに似た植物」

「鳩ノ巣渓谷そぞろ歩きの記 その3(最終回)」で、この写真について、 「サルオガセ? 奥秩父の原生林などで見かけるサルオガセよりも鮮やかな色をしています。 こんな低山にもサルオガセの仲間があるとは思いもしませんでした。サルオガセだったとしたら…

病院から青い空を

今日は通院日。 病院には、午前7時半少し前に着きました。 採血を終えて、一度、外へ出てみると、抜けるような青空に白い雲が広がって、とてもきれい。 青空のもと、外のベンチで朝食を、そう思ったのですが、冷たく強い風が吹いていたので、早々に退散。 …

好天の中、坂戸の郊外を歩く

元勤務先のOB会で、坂戸の郊外を歩いてきました。 東武越生線の西大家駅を降りて歩き始めてすぐ、民家の庭にタヌキが! アライグマ捕獲用の檻にかかってしまったのでしょうか? 檻にピントがあってしまいました。 今日も快晴。朝のうちは、少し肌寒かったで…

地元のシニア会、秩父へ行く

9月、そぼ降る雨の中視察に行った秩父日帰り旅行の本番が今日でした。 9時出発。当地のシニアには「遅れてはならじ。早く行かねばならぬ。」という人が多い(我が国では、どこでもそうかな?)ので、私たち夫婦には珍しく、集合時間よりかなり早目に家を出…

セキヤノアキチョウジ

数日前に「アキチョウジ」として、下の写真の花をアップしましたが、アキチョウジは、岐阜以西に自生するものだとか。 関東に自生するのは、セキヤノアキチョウジのようです。。 また、「チョウジ」は「丁子」で、香辛料の原料となる植物であるグローブ(フ…

鳩ノ巣渓谷そぞろ歩きの記 その3(最終回)

白丸ダムを後にし、白丸湖の右岸を上流側へと進みます。 このハイキングコースは、ダム管理のための巡視路が一般開放されているもの。 進行方向左側は急峻な崖となっており、所々に土砂の崩落防護ネットが施されており、現実に崩落個所も見受けられます。日…

鳩ノ巣渓谷そぞろ歩きの記 その2

お昼をゆっくりと食べ、周辺の植物や昆虫を見て回り時を過ごしていたら、他のパーティーはすでに出発して、私たち3人しか残っていませんでした。 広い休憩場を出発。白丸ダムを目指します。 途中、左手側が崖、右手側が川となります。 崖側に、綺麗な花が咲…

鳩ノ巣渓谷そぞろ歩きの記 その1 

奥多摩名物**最中 10月25日、鳩ノ巣渓谷を歩いてきました。 鳩ノ巣・・・懐かしい。 中学生の頃、夏休み中の山の家行事で鳩ノ巣のバンガローに泊まって以来ですから、さて、何十年ぶりだろう。 当時の青梅線には、チョコレート色の旧型車両が走っていまし…

恐ろしや~ ゾンビのような・・・

鳩ノ巣渓谷を歩いてきました。 ちょっと疲れてしまったので、ハイキング全体のレポートは明日以降とさせていただきます。 今日は、渓谷歩きの途中で見かけた「白いコートを身に纏ったバッタ」についてのご報告。 どうです。朝夕の冷え込みが身に染みる季節に…

植物って本当にすごい

タイワンホトトギスの白花(実生) 数日前に紹介したタイワンホトトギスの白花、前回紹介した花は、咲き終わりに近かったので、ちょっと姿が乱れていました。 蕾だった花が綺麗に咲きましたのでご紹介いたします。 葉をルリタテハの幼虫にほとんど食べられて…

朝の冷え込みに陽を浴びる(追加写真)

昨日は、明け方の冷え込みに体を震わせ(?)、昇ってきた太陽の暖かい陽射しを全身で受け止めるヤマトシジミの写真をアップしました。 本当は、 「こんな日向ぼっこも目撃しましたよ。面白いでしょ?」 という写真も載せるはずでした。 アシナガバチとシジ…

朝の冷え込みに陽を浴びる

朝夕、めっきり冷え込むようになってきました。 皆様、お風邪など召しませんように。 などと言っているこやんぴですが、寝相が極端に悪く、朝起きると布団を蹴とばしている傾向があるので、最も注意をすべき人間の一人です。 ではありますが、幸いにして、こ…

秋晴れ~! 一日中、屋内での仕事でした。

✳ 月齢を間違えていたので、修正しました。 21日の月齢は、11ではなく12でした。 しかも、十三夜は月齢12.3の10月21日でした。 朝、仕事先に出かける際、初雁橋の上から入間川上流方面を眺めると、富士山がこんなにも雪を湛えて・・・ ああ、仕事に出かけな…

蕎麦と喫茶店

通り雨はあったものの、久しぶりによく晴れました。 絶好の川越祭日和です。今日は、出かけませんでしたけれど。 お昼は、狭山市の秀庵で。 私は鴨せいろ、妻は野菜天せいろ。 「蔵王深山竹炭水鴨」とメニューにあった鴨肉が、期待したよりも固かったのは残…